万葉集にも詠まれる奈良県・二上山のふもとで、翻訳の仕事にいそしんでいます。
大阪に出掛けて大学院生もしています(社会福祉専攻)。雑多な日々の生活で感じた
ことを、徒然なるままに、Ten thousand leaves 目指して綴ってまいりますので、
どうぞよろしくお付き合いください!

2008年09月15日

初めての中将餅

昨日の商工まつりの帰りに買った中将餅

当麻名物で、よもぎ餅にぼたんの花をかたどった餡がのっかっているらしいのですが。。。

帰宅して折を開けたところ、あんこが箱の隅っこに集合しており、ぼたんの花どころか、何個入りなのかもわからない状態。そんな乱暴な扱い方したっけ、と考えてたら、綾香のベビーカーの後ろのカゴに、縦にして入れてたことを思い出した。

こういうところが非常にアバウトな私で、中将餅がどういう餅かも知らずにこんな扱い方をしてしまったのだけど、食べてみると、見た目はさることながら、味はとてもグッドだった。とても柔らかで、出来立ての、よもぎの香りがたっぷりの餅に、さらっとして口の中で溶けそうなあんこがのってて、これじゃ丁寧に扱わないと、あんこの一極集中になって当然だexclamationと、そのときになって初めて気づいた。

ほんとは餅の写真を載せたかったのだけど、営業妨害になるといけないので、気持ちだけ、折の写真を載せときます。

中将餅.jpg

中身をお見せできないのが残念です。


posted by nara-nara at 10:26| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 奈良のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。