万葉集にも詠まれる奈良県・二上山のふもとで、翻訳の仕事にいそしんでいます。
大阪に出掛けて大学院生もしています(社会福祉専攻)。雑多な日々の生活で感じた
ことを、徒然なるままに、Ten thousand leaves 目指して綴ってまいりますので、
どうぞよろしくお付き合いください!

2010年03月10日

UNDP報告書より:Disappearing Women

8日の国際女性の日(International Women's Day)に合わせてUNDPが発表した報告書に関する記事。アジアではまだ根強い性差別があって、そのために多くの女性の命が奪われている…というものだ。


日本語の記事では「命を奪う」、英語では「disappearing」とか「missing」とかが使われているように、本来は存在していたはずなのに、女性であったがために存在しなくなった命が9600万人分あるということなのだけど、なんて恐ろしい話…と人ごとでは済まないところがあるかもしれない。私たちの何気ない会話で、「できれば家を継いでくれる男の子を」とか、実際のところ、わが国では「皇位継承問題」もあったりして、男と女の差はやっぱりある。こういう文化的・社会的な側面がより強く出ているのがここで報告されているインドや中国だということであって、日本もこの「アジア」の一員であり、で、日本はこれからどうするexclamation&questionということだ。

ちょっとかる〜く見かけた記事を紹介するつもりだったけど、これってかなりheavyなトピックだったな。あせあせ(飛び散る汗)

とりあえず私は、綾香を一人前の女性に。たらーっ(汗)



posted by nara-nara at 16:01| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。