万葉集にも詠まれる奈良県・二上山のふもとで、翻訳の仕事にいそしんでいます。
大阪に出掛けて大学院生もしています(社会福祉専攻)。雑多な日々の生活で感じた
ことを、徒然なるままに、Ten thousand leaves 目指して綴ってまいりますので、
どうぞよろしくお付き合いください!

2012年10月18日

はちみつ

少し前の話になってしまうけど、三連休のときに親子三人で宇陀アニマルパークへ。
入場無料の県営の施設で、ウシやウマやブタにヤギ……と、スタンダード(?)な動物しかいないところなんだけど、いろいろと気配りがあるというか、何かリラックスできる、綾香も私も好きな場所だ。

で、三連休のときは、地元の野菜や大和肉鶏なんかのお店が出ていて、曽爾高原の地ビールも飲んだけど、ナント、鹿マークの入った奈良県産のはちみつがあった。

はちみつ.jpg

奈良ではちみつを生産しているとは全く知らなかったけど、どうやら生駒あたりに養蜂場があるらしい。でも、市場で出回るほどの量はなくて、地元で消費されているそうだ。

はちみつは結構いいお値段なので買うのには躊躇するけど、こういうスペシャルなものを見つけたときは、勇気を出して買っている。スイスに住んでいたときは、朝食のテーブルに必ずはちみつが置いてある生活をしていたので、どこか遠くへ行ってしまいたくなるようなときには、はちみつを食べてアルプスの山々を思い出していたのだけど、このはちみつでは、国外脱出は不可能のようだたらーっ(汗) 

冗談はさておき、味はグッド手(チョキ)
宇陀では、ゆで卵の黄身にはちみつをかけて食べるという方法を教えてもらったのだけど、これはなかなかおいしかった。あと、ウチではヨーグルトやトーストはもちろんのこと、サツマイモのバター焼きにもかけるけど、これもとてもおいしくて、綾香は文字通りバカ食いするふらふら

明日の朝食はトーストとベーコンエッグの予定(オット作)。

奈良のはちみつを、たっぷりかけよう。








posted by nara-nara at 23:58| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 奈良のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 しかさんのイラストが、カワイイとは少し違う感じですが、インパクト有りです。
 
 秋本番のこの頃、楽しみ方が一杯ですね。
 こんな中、新しい仕事を始めました。
 隣町の小中学校図書室司書のお仕事です。今までは公共図書館でしたので、又少し違った内容になります。
 子ども達と接する仕事で嬉しいのですが、私の技量がまだまだなんです。
 更なる勉強が必要です。
 
 では、お体ご自愛下さい。
 綾香ちゃん、風邪ひかないようにね。
Posted by よっちゃん at 2012年11月02日 10:32
よっちゃんさん!
どうやら私が久々にブログ更新したのと、コメントをいただいたのがほぼ同時だったようです。なんかビックリです。

図書館のお仕事、素敵ですね♪
この頃足を運べていませんが、図書館の静かさとか、本の匂いとかが私は大好きです。綾香が幼稚園に行くまでは、香芝市の図書館へ、週に1回は必ず二人で行っていました。あとは、私の卒論の関係で、東大阪市にある府立図書館へも彼女を連れて行くことがあるのですが、図書館で出会う大人というのは、彼女にとっても大切な存在みたいです。

技量のことは分かりませんが、なんかこうやってコメントのやりとりをさせていただいていても、とっても温かいものを感じますので、子どもたちはよっちゃんさんのことが大好きだと思います!

Posted by nara-nara at 2012年11月02日 10:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。