万葉集にも詠まれる奈良県・二上山のふもとで、翻訳の仕事にいそしんでいます。
大阪に出掛けて大学院生もしています(社会福祉専攻)。雑多な日々の生活で感じた
ことを、徒然なるままに、Ten thousand leaves 目指して綴ってまいりますので、
どうぞよろしくお付き合いください!

2013年07月09日

星に願いを

毎年、七夕のときには、幼稚園でササと飾り付けをもらって、自宅で完成させて飾るということになっているのだけど、お願い事を書く短冊は2枚あり、綾香は1枚には幼稚園で「ケーキやさんになれますように」と書き、家に持って帰ってきたもう1枚には、「おいしゃさんになれますように」と私の目の前で書いた。

tanabata.jpg

説明するまでもなく、ケーキやさんになるのは彼女の本来の夢で、おいしゃさんになるというのは、私の彼女に対する願いだ。つい最近、新聞で子どもの「将来なりたい職業」のランキングが発表されていて、ケーキ屋さんを含む食べ物屋さん以外に、医者、警察官、といった職業が並んでいた。それは、子どもが人の役に立ちたいと思うようになった表れではといったコメントが付いていたけど、私はほぼ間違いなく、その親がそう望んでいるのではないかと思っている。私の場合は、やっぱり震災のことが大きいかも。何か自分にできることがあればと思ってチョコチョコとはやってみたけど、あんまり大したことはできなくて、自分がお医者さんとかだったら、もっと直接的に役に立てたのになあとか、それこそ子どもみたいなことを思ってた。

しかしexclamationもちろん、彼女の人生は彼女自身が決めるわけであって、どこかのエライ人も、「子どもの本当の自立は、親が望む職業ではなく、自分が望む職業に就いたときに達成される」とか言っていた。それは重々承知している。でも、綾香が「ケーキやさんになりたい」というたびに、「患者さんにケーキを作ってあげられるようなお医者さんが、もっといいんじゃないexclamation&question」とか言って食い下がってしまう私がいるふらふら

で、そんな私に綾香が、「お母さんは子どものとき、どんな仕事をしたかったの?」と聞いてきた。
「う〜ん、世界の子どもを助けるような仕事がしたかったな」と答えた。(←私は国際機関の職員になりたかった)
「じゃあ、どうしてその仕事ができなかったの?」と、再び聞かれた。
「そうだなあ、がんばったつもりだったけど、がんばりかたが足りなかったかな」と言った。(←私はそのために進学したカナダの大学院で十分な成績が取れず、退学処分になった)
そしたら綾香が、「あやかは大丈夫かなあ」というので、声のボリュームを大幅アップさせて、
「当たり前やろexclamation×2がんばってるんやから、綾香は何にだってなれるよ、お医者さんだって」と答えた。

本当に子どもは、無限の可能性を秘めているんだなと思う。
まあ、結局は彼女は親の元を去り、我が道を進んでいくのだろうけど、もうちょっと、私の中で、妄想の世界に浸らせてもらおうかな。せめて幼稚園の間ぐらいは黒ハート



posted by nara-nara at 11:45| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育てのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ご無沙汰です。夏本番、「暑いです(*´д`*)」 7月に入ってからの暑さは、どないしたん!どうしたらいいの?もうクーラー漬けです。

 もうすぐ夏休みですよ。私の仕事も春からあれよあれよと言ってる間に1学期終了です。1ヶ月ごとに学校が変わるのは、やはり落ち着きません。やってあげたい事が片付かない事もあるのです。次のスタッフに引き継ぎますが、何となくすっきりしないのです。

 今日の朝日新聞に「新生児養子縁組」「特別養子縁組」 ふたりのお母さんのサブタイトルも付いてました。   事実告知、これも又 試練ですね。  私には、とても不器用な人間なので無理じゃないかなあ?  ここで初めて身近な話題として情報を得ましたが、この年になるまで殆ど考えてませんでした。もう少し関心を持たないとね。


 そして、絢香ちゃんとママの会話、いいですね。質問の返し方がいい!!!
 願い事、私も考えてみました。
 今の仕事、任期最後までやりきれませように。  あまりにも現実的な願い事なんですが、迷惑のかからないようにしないとね。
 
 まだまだこの暑さは続きます、お体ご自愛ください。そして、パパ・ママ・絢香ちゃんのファミリータイムをお過ごし下さい。
Posted by よっちゃん at 2013年07月10日 20:57
私もできるだけクーラーは使わない派なのですが、……消せません!!電気代もそもそも値上げになっているというのに、いったい今回の請求書額はいくらになるんだろうと、今からドキドキです。

仕事って、なかなか思うようにいかないですね〜。いろんな制限があるなかで、「もうちょっとできてたはずだな」とか、「あれはダメだったな」とか反省ばかりですが、最近は、完璧を目指しながらも、完璧でなくてもガッカリしないようにしています。よっちゃんさんのお仕事も、腰を据えてじっくりというわけにはいかないのかもしれませんが、多くの方に感謝されているのではないかと想像します。どうぞお仕事を楽しんでください!

告知は本当に難しいことかもしれませんが、私にその状況がやってきたら、その理由(告知の内容)があったおかげで、私たちが出会えたのだということを伝えられたらいいなあと思っています。理想論でしょうか。

暑い夏を楽しみましょう!
Posted by nara-nara at 2013年07月12日 13:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。