万葉集にも詠まれる奈良県・二上山のふもとで、翻訳の仕事にいそしんでいます。
大阪に出掛けて大学院生もしています(社会福祉専攻)。雑多な日々の生活で感じた
ことを、徒然なるままに、Ten thousand leaves 目指して綴ってまいりますので、
どうぞよろしくお付き合いください!

2016年03月09日

修士論文やり直し

2014年春に娘が小学校に入学するとき、私も学校に行きたくなって大学院に進学。専攻は社会福祉学。社会的ハイリスク妊婦(貧困やDVなど、社会で生きていくうえでの困難を抱えた妊婦)とされる女性たちに携わる専門職の方々に対してインタビュー調査をして、その分析結果を修士論文にまとめたのだけど・・・

今回協力してくださったのは助産師さんやソーシャルワーカーの方々で、本当に貴重なお話しをしていただいたのだけど、それをしっかり分析して新たな知見に繋げるという能力が、この2年間では私は身につけられなかったようで修士論文の口頭試問でもそのあたりのいい加減さを指摘され、あまりにも当然のことだったので、私はいまでも、とした春休みを過ごすに至っています、ハイ。

しかし、ラッキーなことに博士課程への進学は決まり、分析をもう一度やり直して、博士課程の投稿論文1本目として書き直すチャンスがもらえたでは、次はバッチリやれるのかと言われると「できます」とは断言できないけど、今度は先生や先輩からいろいろアドバイスもらって、何らかの成果を出せるように頑張ろうと思っています。

この前、大学院に行こうとする社会人向けの本を読んでたら、その著者は「忘れ物を取りに」自分は大学院に戻ったと言っていた。私もそんな感じ。そして、忘れ物はそこにあったのだけど、取れずじまいだったので、もう少し大学に残って、無事に取れたあかつきには、それを社会に還元したいと思ってます。

今日はあいにくの雨だけど、この後もう一度寒くなって、そして春が来たら、私も再スタートです




posted by nara-nara at 10:58| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。