万葉集にも詠まれる奈良県・二上山のふもとで、翻訳の仕事にいそしんでいます。
大阪に出掛けて大学院生もしています(社会福祉専攻)。雑多な日々の生活で感じた
ことを、徒然なるままに、Ten thousand leaves 目指して綴ってまいりますので、
どうぞよろしくお付き合いください!

2016年04月23日

尼寺廃寺跡学習館オープン

なんと香芝市に、国指定の史跡があります。
21日にその学習館がオープンし、式典に出席させていただいたのだけど、残念ながら写真なし!
皆さん、熱心に説明を聞いてらっしゃいました。

---------------------------------------------------------------------
国指定史跡ガイドの解説

にんじはいじあと【尼寺廃寺跡】
奈良県香芝市尼寺にある寺院跡。大阪府と奈良県の境にある二上(ふたかみ)山の北方、奈良盆地西縁の丘陵部に所在する。1991年(平成3)から2000年(平成12)にかけ、基壇跡などを中心に遺跡の確認調査を実施、2002年(平成14)に国の史跡に指定された。調査の結果、中心伽藍(がらん)は東向きの法隆寺式伽藍配置で、北に金堂、南に塔が配置され、その周囲を東に中門が設けられた回廊がめぐっていることが判明。回廊に囲まれた中心伽藍の範囲は南北約71.4m、東西約44.8m。金堂の基壇は南北約16.2m、東西約13.6mで、塔は1辺約13.6m四方の基壇をもつ。この塔基壇では、長さ・幅とも3.8mの巨大な半地下式の心礎が検出され、その柱座からは耳環12、水晶玉4、ガラス玉3、刀子1からなる舎利荘厳具が出土した。また、寺域は南北110m以上、東西約80mとみられ、南面と東面には築地塀が設けられていたことが確認された。東面築地塀のほぼ中央と推定される位置には東大門も検出され、塔の瓦の形式や唐尺使用の可能性から、7世紀後葉に創建され、平安時代初頭の9世紀から10世紀に焼失したと推定されている。JR和歌山線畠田駅から徒歩約10分。



posted by nara-nara at 18:52| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 奈良のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。