万葉集にも詠まれる奈良県・二上山のふもとで、翻訳の仕事にいそしんでいます。
大阪に出掛けて大学院生もしています(社会福祉専攻)。雑多な日々の生活で感じた
ことを、徒然なるままに、Ten thousand leaves 目指して綴ってまいりますので、
どうぞよろしくお付き合いください!

2016年04月29日

くやし涙

昨日、娘がくもんで英語の教材終了テストを受けたのだけど、「テストあかんかった」と言って泣いて帰ってきた

「そんなんテスト勉強してないのに、不合格は当たり前と違うん!?なんで泣いてるん?」と言うと、

「くやしい」とのこと。

もっとちっちゃいときは、合格かどうかなんて気にしていないというか、そもそも簡単なことをしているので、不合格にはならないという感じだったのだけど、最近はテストが不合格になると泣くようになった。それはそれで「成長しているな〜」とか、日々様々なことが起こるので、いちいち落ち込んでられない大人としては、「こういうことで涙を流せるあの頃のピュアな私に戻りたい」と思ったりもするのだけど、彼女へのエールのつもりで、

「くやしいっていうのは、一生懸命頑張った人が使うことばだよ。あやかはテスト勉強していなかったよね」と言った。(でも宿題はちゃんとやっていた)

私は鬼母か!?

と思わないでもないけど、これからいろんなチャレンジが待っているのだから、これぐらいでいいだろうではなくて、少しだけ多めの努力をして、それでダメだったら存分にくやし涙を流してほしいなと思う。そのほうが、涙の純度が上がるような気がする。

でも、まずは親が見本を見せないといけないかな。ガンバロウ


posted by nara-nara at 11:07| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。