万葉集にも詠まれる奈良県・二上山のふもとで、翻訳の仕事にいそしんでいます。
大阪に出掛けて大学院生もしています(社会福祉専攻)。雑多な日々の生活で感じた
ことを、徒然なるままに、Ten thousand leaves 目指して綴ってまいりますので、
どうぞよろしくお付き合いください!

2016年05月25日

市役所見学

小3の娘が、昨日市役所見学に行った。
前から楽しみにしていて、授業でどんな準備をしているのかとか、うるさいぐらいにベラベラと報告してくれていた。

そして帰宅後、彼女の報告によると、一番印象に残ったのは市議会で、思っていたよりもりっぱな施設だったらしい。子どもからの質問する場があり、彼女がした質問は、

「議員さんが一人休んだら、議会はどうなるんですか」

そしたら返ってきた答えが、

「一人ぐらいだったらいい」

だったらしい(←本人いわくなので、実際にそうだったかは不明)

「じゃあ、何人だとダメなの?」と母が娘に問うと、

「それはわからない」とのことだった。


たぶん、回答してくださった方は、「1名の欠席であれば議会は成立する」というのを、子ども向けに教えてくださったのだと思うけど、彼女は「一人ぐらいだったら大したことがない」ととらえたらしい
これってなんか、「1万円を盗むのは問題だけど、道に落ちていた10円をそのままポケットに入れるのは大したことない」みたいにも私には聞こえてしまったので、ちょっと私なりに訂正しておいた。

子どもって、大人が思っている以上にいろいろと考えていたり、理解していたりする。
なので、子ども扱いしないことを自分でも心がけている。

りっぱな議会をみて、議員さんの役割はとても大切なんだろうと彼女なりに感じ、そしたら一人休んでしまったらどうなるんだろう、というのが彼女のそもそもの発想。そしたら、「一人ぐらいはいい」と言われて、若干気落ちしていたみたいで

ちゃんと説明をして、訂正しておきました。



posted by nara-nara at 09:48| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。