万葉集にも詠まれる奈良県・二上山のふもとで、翻訳の仕事にいそしんでいます。
大阪に出掛けて大学院生もしています(社会福祉専攻)。雑多な日々の生活で感じた
ことを、徒然なるままに、Ten thousand leaves 目指して綴ってまいりますので、
どうぞよろしくお付き合いください!

2016年03月08日

こそっと再開しました^^

2015年末に「ごあいさつ」をしてから3年以上ブログを更新していませんでしたが、誰にも何も言わず、こそっと再開しました。誰か気がついてくれるのでしょうか!?

この間の大きな変化と言えば、娘が小学生になり、私も大学院生になり、その他言いたいこともあれば、言えないこともあるといったところですが、これからまた、徒然なるままに、ボチボチとつづっていきます。

どうぞよろしく

posted by nara-nara at 15:13| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

年末のごあいさつ

今年もいい一年でした!!

特に目新しいことはなかったかもしれないけど、周りの人がみんな健康で、おいしくご飯を食べることができて、朝起きたら、今日もがんばろうと思える毎日で。

綾香もがんばりました。
幼稚園は一日も休んでないし、マーチングのティンパニーも、ピアノの発表会も、社交ダンスの初競技会も、練習のときから一生懸命やりとおしました。

そしてこのブログは。。。
更新も最近滞りがちだったのだけど、書くことがなかったのではなくて、書くことがあり過ぎるぐらい毎日が充実していたのが、書けなかった原因かも。

で、ちょっと2014年は情報発信の方法・内容を見直します。
ブログという形にこだわらないかもしれません。
それまでしばらくこちらはお休みしますが、またお会いできたときにはよろしくお願いします。

それではどうぞ良いお年を。
posted by nara-nara at 12:18| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

成長と老い

また1カ月以上ブログを更新していなかったと気付いて、この1カ月、なぜ忙しかったかを振り返ると、運動会やらお遊戯会など綾香の秋の行事が続いたことと、綾香のおじいちゃん、おばあちゃんの諸々のことがあった。

今年の運動会のマーチング演奏は「スターウォーズメドレー」で、綾香はティンパニーとマリンバを担当させてもらった。演奏は大人顔負けというか、私はティンパニーにもマリンバにも触ったことすらない状況なので、この点では彼女はすでに、親を大きく超えてしまっているダッシュ(走り出すさま)。残念ながら跳び箱は飛べなかったけど、リレーは第10走者として1番になり、青組優勝に貢献したグッド(上向き矢印)。お遊戯会の「眠れる森の美女」では、こわーい魔女を好演した。演技のあと、わが子の成長をみて涙する親御さんもいらっしゃったけど、ほんとにすごいスピードで、できることが一つ一つ増えていっている。

それとは正反対に、おじいちゃん、おばあちゃんは、できないことが一つ一つ増えていっている。
二人っきりで生活するのが難しくなってきていて、じゃあどうしようかというところで、ここ1カ月バタバタとしていた。高齢者住宅を探したりとかもしていたのだけど、改めて感じたのが、高齢者を取り巻く環境が、とてもビジネス化していること。新しい施設もどんどんできているし、お役所とかではなくて、そういう施設を紹介している民間業者さんの「営業」が積極的だったりと、高齢者の場合は、お金さえあれば、かなりの程度環境を整えられるのだと痛感した。

時間の流れに沿っての変化が「成長」である子どもと「老い」である高齢者の間に挟まれて、なんかすごーくモヤモヤしたものが残っている中高年の私なのですが、自分もまだ「成長」の途中だと思ってやっていくぞむかっ(怒り)。来年は4度目の年女ですけどねふらふら



posted by nara-nara at 12:49| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

マー君と半沢直樹

マー君が13日に21連勝して、普段はそんなこと言わなさそうな人までがスゴイっexclamation×2て大絶賛している。

本当にスゴイなあと素人の私も思うけど、ある別のスポーツのプロ選手が、

「マー君がスゴイのはもちろんだけど、彼を勝たせようとするチームメンバーもすごい」

って言ってた。

「メンバーにもすごいプレッシャーがかかっている」とも。

なるほどねー。マー君だけが主役なのではなくて、彼の記録は、メンバーにとっても「我が事」であるってことですね。なんかこのコメントを聞いて、「半沢直樹」を思い出した。彼も頑張ってて、敵に果敢に立ち向かっていくんだけど、彼を勝たせようとする上司も、部下も、妻もいるんだよね。

さてさてexclamation
仕事でリアルタイムでは観られなかったので、これからお風呂に入って、録画した「半沢直樹」を観るぞ。

私も闘うぞ!ダッシュ(走り出すさま)わーい(嬉しい顔)

posted by nara-nara at 22:27| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

娘(6歳)からの美容アドバイス

私は新聞を読みながら朝食をとる。
そこに分厚く挟まれている広告に、「○○○美容外科」と書かれていたのを綾香がみて、

「○○○美容外科って何するとこ?」と聞いてきたので、

「お顔を可愛くしてくれるお医者さん」と答えたら、

「お母さんもやってもらった方がいいんと違う?」というので(ちっ(怒った顔))、

「こんなにカワイイのに、これ以上何をする必要があるん!」と返したら、

「お顔の黒いプチプチ(シミのことかexclamation&question)を取った方がいいと思うねん」と言われたがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

最近、ホウレイ線は気になるし、頬の肉のたるみは気になるし、なんとかしなければならないとは思っていたけど、まさか6歳にもそんなアドバイスされるとはもうやだ〜(悲しい顔)

今月で私、47歳になるんだよね〜。
でも、ショムニの江角マキコと同じ年なんだよね〜。あっ、キョンキョンも同い年。

今日はその6歳女子は、幼稚園の宿泊保育でおうちに帰ってこないので、私は友人と呑みに行くことになっている。からんでしまいそうだ〜あせあせ(飛び散る汗)



posted by nara-nara at 13:40| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

nin, nin!

ブログが月刊誌のようになってきているけど、私はすこぶる元気でアリマスパンチ
仕事も一段落して、遊びも一段落して、たまりにたまっていたビデオをそろそろ見始めましたるんるん

ゴールデンウィークは、4月29日に「ユネスコ国際ダンスデー」のイベントに行ったのを皮切りに、とにかく近場をウロウロしていて、最終日は綾香は生まれて初めての太秦映画村へ。

まずは忍者修行。
ninnin.JPG

次は、暴れん坊将軍のお馬さんに乗って。

shogun.JPG

そして私。。。ではなく

dayu.JPG

結構おもしろくって、綾香は将来の夢の一つに、「忍者になること」が加わった模様。
私は、小畠徳子さんとおっしゃる女優さんが案内してくださってのツアーがおもしろかった。裏話なんかも聞けたけど、やっぱり映画やお芝居の世界は厳しいようで、スターとスターじゃない人の差って半端じゃないみたいあせあせ(飛び散る汗)ご本人は、大奥とか科捜研の女とかの、後ろの方に出られているらしい。今度探してみよう。

では!ダッシュ(走り出すさま)

posted by nara-nara at 23:07| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

転勤の季節

なんと、オットがとうとう6月から単身赴任することになりましてがく〜(落胆した顔)

それを子ども家庭相談センター(児童相談所)に報告しようと思ったら、担当者の方も異動されたとのことでがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

会社員も公務員も、いろいろと大変ですな〜と思いながら、私は気を取り直してこれからの作戦を練り練り中パンチ

でも、やっぱり綾香は寂しいみたいでシクシク泣いているし、日々成長が激しい彼女を間近に見れないオットは可哀そうだな。ちょうど小学校に上がる時期だしね。

まあ、自炊ができるオットで良かった。
朝ご飯作ってくれる人がいなくて困るのは私かexclamation×2

posted by nara-nara at 15:18| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

春は忙しい!・・・けど

どうやら前回のブログから3週間の月日が流れていますが、冬眠状態の冬と違って、春は仕事に遊びに忙しいexclamation×2綾香も年長さんになって、すみれさん(通っている幼稚園は4年制で、年少さんのもうひとつ下にクラスがある)やら、年少さんの世話係をしている模様かわいい幼稚園じゃあ、一番お姉さんになったんだなあ黒ハート

というわけで、忙しいながらも平穏な春の日を過ごしている私たちですが、最近のできごとで、ヘンに引っ掛かってしまっているのが、USJでの大学生による迷惑行為のこと。神戸大やら同志社大の学生が迷惑行為をしたということで、大学関係者がお詫びをしていたけど、大学っていうのは、そういう責任も取らないといけないんだっけexclamation&questionみんなが遊ぶUSJでボートをひっくり返しちゃいけないよって教えるのが大学の役目exclamation&question

なーんか、ヘンだよね。
と、言いたいことをさっさと言って、私は仕事に戻ります。
いま、綾香は短縮保育で午後には帰ってきてしまうけど、勝手に遊んでてくれるので、私はそのまま仕事を続行。本当にお姉さんになってきましたわーい(嬉しい顔)

posted by nara-nara at 11:37| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

濃密2週間

前回のブログ更新が2月11日ということで、この画面を開くのは2週間ぶりなわけですが、この2週間というのが仕事も結構忙しかった怒涛の2週間でしてダッシュ(走り出すさま)

里親は健康でなければならないというので、今年は市から案内があった健康診断なんかを受けたのだけど、大腸がん検査にひっかかりまして、15日は内視鏡検査、そしてポリープ発見で切除と相成りましたふらふら。まあ、ポリープ切除といっても結構簡単というか、医学の進歩は素晴らしいというか、自宅から徒歩5分程度のかかりつけのお医者さんでチョキっとやったら終わりだったのだけど、その前が……お腹はすくわ、トイレから離れられないわで大変だった。おまけに前日はバレンタインデーで、私は具なしスープ、オットと綾香はステーキと全然おもしろくないことになってた。

そして17日は綾香の音楽会。
これも話したいことはいっぱいあるけど、まあ一言で言うと、綾香のガンバリがとってもうれしかったるんるん。実は今回、少々プレッシャーのかかる役目を仰せつかっていて、幼稚園での練習のときになかなかうまくいかなくて、家で「どうだった?」と聞いても、「あんまり良くない」みたいな返事ばっかり返って来てた。なので、ちょっと心配で本番の日は私も緊張していたのだけど、見事やりきりましたよ、彼女はパンチ。演奏が終わったとき、私は思わず「よっしゃ」とつぶやいて、小さくガッツポーズをしてしまったぐらい、なんかホッとしたし、誇らしかったし、終わったあとは親バカ全開で、いーっぱい褒めてあげました黒ハート

で、21日はとうとう児童相談所の方(なぜか所長さんは来られませんでしたが)による家庭訪問があって、一時間半ほどお話した。もうすでにいろんなことはお伝えしてあるので、当日は家の感じを見ていただいたり、私たち家族の様子を見ていただいたりと、ざっくばらんなものだった。綾香も同席。彼女は何を感じていたかな。とにかく後は審査会の結果を待つばかり。通知は3月半ばに届くらしい。

それでもって今日。大学で卒論の口頭試問があった。
以上のような状況であんまり準備ができなかったけど、こちらもあまりガチっとした雰囲気ではなくて、ゆるーい感じのする中でお話できたので、答えられることは答えたというところ。この件については、後日できればまたゆっくりとお伝えします。

今日は京都も雪が降ってとっても寒かったけど、こんなことしている間に春がやって来そうだな。
お雛様さっさと出さないとたらーっ(汗)(←えっ、まだかよ〜exclamation&question



posted by nara-nara at 23:47| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

地球のみんなが一番好き

どこの家でも結構ありそうな、親から子どもへの問いかけ。

「おとうさんとおかあさんとだったら、一番好きなのはどっち?」

その答えを確信しながら、オットの前で、オットへの嫌がらせとして綾香に聞いたところ、彼女が答えたのは、

「おとうさんも、おかあさんも、一番好き黒ハート

だった。そして、

「おばあちゃんも、一番好き黒ハート

と言ったので、私が、

「なーんや、おとうさんも、おかあさんも、おばあちゃんも、みんな一番か。でも、たくさんの人のこと一番好きって言えるのは、とってもいいことやなあ」

と言うと、彼女が、

地球のみんなが一番好き っていうのが、もっといいことちゃう?」

と返してきた。

すご過ぎるダッシュ(走り出すさま)

これからたくさんの人に出会うだろうけど、その気持ちをずーっと持ち続けてほしいな。

私もそうありたいけど…嫌いな人、絞って2,3人はいてるな(笑)。

posted by nara-nara at 22:07| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

Beyond Borders

電車に乗っているときは、車内の掲示物を一通りチェックしているのですが、下記の立命館大学の広告、目が釘付けになってしまった目。私の黒ハートは一気に大学時代に戻り、なんかパワーがみなぎってきたので、真ん中当たりは本当に宣伝になっているけど全文掲載。私はやっぱり、最初の部分にあるように、私は私でありたい。

70億分の1の君へ。
君は、生まれながらにして、世界中の誰とも違う、唯一無二の存在。
だからこそ、君にしかできないことを成し遂げなければいけない。
常識に縛られず、前例にとらわれず、自分の信じる道をまっすぐに。

もし君の夢を笑う者がいるのなら、その声を遮る盾になろう。
もし君の夢の舞台が世界にあるのなら、海を越える船になろう。
「求める者には、隔てなく最高の学問を」
ここには、個性が集まる伝統がある。
個性と個性を掛け合わせ、新たな化学反応を引き出す環境もある。
Borderlessという新しい時代のうねりの中、
未来をつくっていけるのは、「自分」という旗を立てられる者だけ。
自分を信じ、仲間を信じ、超えていこう。
あらゆるBorderを。

To you who are one of seven billion people;
You were born to be different from any other person in the world.
That is why you have to achieve that which only you can achieve.
Break free from the known,
throw convention to the wind and follow your own path with conviction.

If someone laughs at your dream,
we will become the shield that deflects those voices.
If your dream lies on the world stage,
we will become the vessel that takes you to those foreign shores.
"Providing the best possible education to all that wish to learn without prejudice."
Ritsumeikan has always been a gathering place for individuality.
By multiplying these individualities
a new environment of creativity and originality is born.
You are the only one that can raise your flag and create a future
within the swell of a new "borderless" age.
Trust youself, trust your peers,
and travel beyond all the borders crossing your path.


ちょっと翻訳者の立場からいうと、「常識に縛られない」というのを「break free from the known」って訳すのがかっこいいなあと思う(元が英語かな?)。

私にしかできないこと、やるぞexclamation×2

posted by nara-nara at 00:06| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

2013年開始!

私の2013年は、風邪とともにスタートしましたが、咳が出るばっかりで元気もりもり、食欲もりもりです!しかしながら、運動量は激減、睡眠時間の激増により、体重がすでに3キロ増ダッシュ(走り出すさま)。お腹の周りがキツくなって、「ダンサー」にはまったく見えませんもうやだ〜(悲しい顔)

2日は橿原神宮へ初詣。
毎年、奈良県に越して来てからは大神神社に行っていたので、橿原神宮は初だったのだけど、こういうりっぱな神社が、いくつも近くにあるって、やっぱ奈良はいいよな〜としみじみ。
おみくじの結果は、ダンナ「大吉」、私「大吉」、綾香「吉」と、今年は何かが起きる!という予感がしております。ガンバリマス。

橿原神宮.jpg

半開きの目をした綾香の写真で申し訳ありませんが、みなさんにも「幸せの矢」が当たりますように!
posted by nara-nara at 17:20| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

2012年終了

今年もあともう少しで終わり。
とても平凡で、だけど充実した年でした。

特に大きなイベントはプライベートではなかったけど、世間的にはオリンピックイヤーで、勇気とか努力することの大切さとか、チームワークとか応援の力とか、普段の生活でははなかなか感じない刺激を受けたり。

政治は相変わらずぐちゃぐちゃだなーと思ったり。

あとは父が亡くなったり、周りで病気の話とか聞くことが多くなって、努力の前に、人はやっぱり生きていてナンボのもん、と改めて思ったり。

まあ、いろんなことを考える年ではあったけど、その分、エネルギーも蓄えた感じで、来年はちょっと行動を起こすぞーっと、決意を固めています。

来年もどうぞよろしく。
2013年は、もう少し頻繁にブログを更新します!


posted by nara-nara at 23:57| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

非日常と日常と

ひっさびさに体調壊したり(すぐ復活したけど!)、佛大卒業レポートの草稿仕上げがあったり、そして、仕事があったりとしているうちに、あーっという間に師走です。例年のごとく、大掃除はまだ一切しておりませんダッシュ(走り出すさま)

ダンスも楽しくやっていて、土曜日は初めてクリスマスダンスパーティーぴかぴか(新しい)なるものに参加。
ある程度予想はしていたけど、そこは「非日常」の世界で。
前半は生徒さんが先生とペアを組んで踊るデモンストレーションで、後半はプロの先生方によるショーだったのだけど、まあ本当にきらびやかです。生徒さんにとっても、観衆の注目を一身に浴びて、日頃の成果を発表する場なので、ドレスもヘアもメークもばっちり。中には80歳でラテンドレスを身にまとい踊っていらっしゃる方もいて、ここには、「老化」や「加齢」等の言葉は見当たりません。

プロの先生方のショーも見ごたえあったなあ。
このスクールには9組ぐらいの先生がいらっしゃるので、その方たちが総出演のショーとなると、その舞台は宝塚のようであり、ミュージカルのようであり、バレエのようでありと、カテゴリー分けしづらい、特別なパフォーマンスでした。もちろんクリスマスバージョンで、ちょっと早めにサンタに会ったような気分になりました黒ハート

しかしながら、次の日にあったのが、チョー日常の選挙でもうやだ〜(悲しい顔)
それも自民党圧勝でもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

単純に、何が解せないかというと、選挙前に私の周囲やメディアから受け取った雰囲気では、みんなどこを選んだらいいのか分からないって感じだったのが、結局は自民党になっていることと、あんなに脱原発、卒原発と言っていたのに(今でもそう思っていると思うのに)、やっぱり自民党だということ。もちろん、私は自民党を支持している人を批判しているんじゃない。みんないろんな考えがあって、それぞれの主張は尊重されるべきだと心の底から思っているけど、しっくりいかないのは、今回の結果が、その主張を反映したものでは必ずしもないように思えるから。仕組みが悪いのかな?何が悪いんだろう?

非日常の土曜日と、日常の日曜日が連続して、なんか私の落ち込みが激しいバッド(下向き矢印)が、そうも言っていられないグッド(上向き矢印)

これからランチの時間は、しばらくワイドショー漬けになりそうです。
最近見なかったオジサンたちが戻って来て、なんかまたテキトーなことを言うのかなあ。。。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)グッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)グッド(上向き矢印)




posted by nara-nara at 11:19| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

やっぱり本業

なんてことはないんだけど、ちょっと感動した話。

綾香はどうやら足が小さいようで、17センチだと少し大き目。
なのに、すぐに大きくなるだろうと思って買った社交ダンスの靴が17センチ強で、待ってもなかなか履けそうにないあせあせ(飛び散る汗)。そこで、以前誰かに教えてもらった「中敷き作戦」で行こうと思って、今日のレッスンの前に、百貨店内にある靴の修理屋さんに行った。

そしたら、その靴がサンダルタイプ(つま先が空いているということ)なので、修理屋さんいわく、

「これはですね〜。(靴が大きくて)足が前につっこんでいっちゃうから、靴ずれしちゃうんですよ。だから中敷きをするのではなくて、前半分ぐらいのゴムのストッパーを敷くといいんですよ。で、大人サイズのを切るよりも、子どもサイズの方がいいと思うので、子どもの靴屋さんに行かれてはどうですか?」

と言われた。「なるほど」と納得した私は、上階の子ども服売り場へ。
でも残念ながら、そのタイプのはなくてどうしようかと思っていると、店員さんが、

「百均にありますよ。実は私も足が小さくて、よく利用しているんですよ」

と言われた。「なるほど!100円だったら別に失敗してもいいし、そうします!ありがとう!!」

と、私はこれはいいことを教えてもらったと思って、綾香には、今度買ってくるから今日はキティちゃんのいつもの上靴でガマンしてと話し、二人で教室へ向かった。

で、ダンス教室で。先生に一応靴を履いた感じを見てもらって、靴屋さんでの出来事を話したら、

「それもいいですけど、ベルトのところをもう少し締めると、安定するかもしれませんね。やってみます?」

と言われたので、「やります、やります」と言って、穴をあけてもらった。

そしたら大成功黒ハート。綾香はそのシューズを履いて、今日のレッスンを受けた。

そして、その彼女を待っているときに、横に座っていた年配の男性が、

「靴下を2枚履くといいよ。僕も履いているんだよ」と、ズボンのすそをまくりあげて見せてくれた。

「わっかりました!」とお礼を言った。

何と言うか、綾香の大き過ぎる靴をどうするか、ということに対して、計4名の大人がアドバイスしてくれて、綾香は念願のシューズを履けるようになったのだけど、こういうのって、何か感動するんだよね〜。こう、プロはやっぱりプロと言うか、知識や技は対価に値するものというか、こういうのを結集すると、できないことはないというか。

修理屋さんでは、私のブーツの相談もしてて、どうしても踝の辺りが当たって靴ずれしてしまうので、横幅を広げるのは可能かということを聞いたら、「横幅を広げるのではなくて、中敷きを敷いて、くるぶしの位置を高くしたらいいんですよ」ひらめきと。こっちが中敷きだった。

それに引き換え、政治の世界はこういう「やっぱりプロ!」と思わせるものがなくて、最近は誰と組んだら一番強くなれるかみたいなことばっかりやってる。やっぱり防衛はこの人だよね〜とか、教育はこの人に任せたら安心よね〜とかいうのがゼロ。これって、本当はムチャおかしいけど、それでも国がなんとかやっていけているのは、一般ぴーぷるにプロが多いからなのかな。

よくわかりませんが。

私は私の役割を果たしたいと、心に強く誓っております。
次回の里親研修は、来年1月20日だと、子どもセンターの方がわざわざご連絡してくださいました。


posted by nara-nara at 00:02| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

もう11月ですか^^;

しかし時間が経つのは速い!ダッシュ(走り出すさま)

そんなこんな(仕事+卒業レポート)をしているうちに、枝豆狩りにも行ったし、綾香のお遊戯会もあったし、相変わらずダンスしてたりで、この頃結構忙しいけど毎日楽しいるんるん

綾香はお遊戯会の前々日に吐いてしまい、二年連続でお遊戯会不出場か!と冷や汗ものだったけど、無事に復活して、当日は見事、赤ずきんちゃんでのオバアサンを熱演した(セリフなし)。ちなみに吐いてしまったのは、食べ過ぎのため。私もそうなんだけど、この頃食べ物が美味しくって仕方がないふらふら

そんなこんなで、秋です。
急に寒くなってきたし、風邪をひかないようにしないとね!
綾香は皆勤賞まで、あと5カ月演劇



posted by nara-nara at 10:39| 奈良 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

おおかみこどもの雨と雪−の子育て論

三連休の最後の日は、綾香と二人で映画を観に行った。
オトウサンも来たいと言うのなら「踊る大捜査線」にしてたかもしれないけど、家でゆっくりするとのことだったので女子だけ別行動することに。「おおかみこどもの雨と雪」を選んだ。

ストーリーを私なりの解釈で要約すると、主人公(花)が心から愛した男性は、たまたまおおかみだった。そして、その彼との子どもを二人授かるのだけど、おおかみのお父さんと人間のお母さんの間に生まれた子どもは、おおかみでもあり、人間でもある。そして、お父さんは不慮の事故で亡くなる。残された花は、思いっきり悩み、苦労をしながらも、二人の子ども(雪と雨)を笑顔を絶やさずに育てて行く。愛した男性の子どもだから。そして、自分の父親が笑顔を絶やさないようにと言ったから。子どもたちも、人間として生きて行くのか、おおかみとして生きるのかを迷い続けていたけれど、13歳になる頃には、それぞれがその決断をして、花のところを去って行く。。。という感じ。

うーん、一言で言うと、母親としての私にはドンピシャの映画だった。いろんなメッセージを発信していて、観ている人それぞれで受け取り方が全く違うんじゃないかと思うけど、私の場合は「子育てって何?」を問いかけられているようだった。

まず最初に、子どもが病気をしたとき。花は、子どもを獣医に診せるべきか、小児科に連れて行くかで迷う。まあ、ふつーの場合はここまで極端ではなくても、子どもが病気になったら母親はどうすればよいのか迷う。で、私なんかの場合は周囲の人に聞きまくるという行動に出るのだけど、花の場合は子どもの素性を明かすことができないので、どんなときも自分で解決しないといけない。それで、オオカミの生態のこととか、睡眠時間を削って本を読んだりして勉強するのだけど、彼らがそのままの彼らでいられるようにということで、とっても不便なのに山の中に引っ越してしまう。

これって、なかなかできないよな〜あせあせ(飛び散る汗)
自分の子どもはどういう子どもかということをまず理解して、そして、その子らしく生きられるようにするために環境を整えてやるということなんだと思うけど、私は、「私の理想の子」みたいなのがあって、そのイメージに綾香がはまるように、いろいろとさせているのかもしれないバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

あと、子どもはおおかみでもあるから、家の中をぐちゃぐちゃにすることもあったし、雨(男の子)が小学校に行かなくなって、山の「先生」に会いに行ったりするようになったのだけど、花は決して、「散らかすな!」とか、「学校へ行きなさい!」みたいな叱り方はしなかった。過保護とかいうのとはもちろん違って、子どもの在り方を尊重していたんだろう。私なんかはやっぱり、「整理整頓」「目指せ優等生」みたいなルールがあって、そのルールを子どもが破ろうとすると頭ごなしに叱ったりするけど、これもさっきと同じで、綾香が中心ではなくて、私の思考が中心になっているってことなんだろう。

でも、花が最後の最後まで持っていた葛藤みたいなのは、子どもがおおかみであることを認めたら、自分のもとを去って行くことを覚悟しないといけないということ。結局、雨は、さっきの「先生」に代わって山を守るためにおおかみになって花のところを去るのだけど(そのお別れシーンでは、綾香も私も泣いてしまった!)、でもでも人間として生きることにした雪(女の子)も中学校で花のところを離れる。13歳はおおかみとしてはりっぱな大人だっていうことを言っているんだと思う。私は、13歳で手放すなんて無理だなあもうやだ〜(悲しい顔)。嫁に行くといったら、オットよりも私の方が泣いてしまうかもしれないたらーっ(汗)

長々と書いてしまったけど、私がこの映画を観て心の中でこそっと誓ったのは、もう少し綾香の声を聞くこと。しっかし、この前の運動会の障害物競走では、まさかビリになるとは思わなかったので、来年に向けてちょっとトレーニングをするべきかと。。。それと、どうも足し算と引き算がごっちゃになっているようなので、ドリルを買って特訓しようかと。。。それとそれと、。。。あれとあれと。。。耳


posted by nara-nara at 22:07| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

男の気持ち、女の気持ち

綾香が、
「サイテイ、サイアクってどういう意味?」
と聞いてきた。この頃ことばの意味を聞いてくることが多くなって、そういうときは、できるだけ分かりやすく説明するのを心がけている。で、
「最低、最悪って言うのはね。もうこんなん絶対イヤヤ〜。ひどすぎる〜。我慢できひん!!っていうような気持ちを表すときのことばだよ。」
と言った。そしたら、綾香が落ち込んだたらーっ(汗)。ちょっとやば〜い雰囲気だったので、
「ところでさ、なんでそんなん聞くん?」
と尋ねたところ。。。

なんでも、給食の時間で、席を自由に座るということをやったらしく、綾香が◎◎くんの隣りに座ったところ、その子に、「サイテイ、サイアク」と言われたらしいもうやだ〜(悲しい顔)

綾香はなお、激しく落ち込んでいるあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
私が思うに、もしくは期待するに、その男の子も深〜い意味があってそんなことを言っているのではなくて、家でお兄ちゃんや、お姉ちゃんが口癖のように言っているのを、真似するかのごとく言ってみただけではないかと。それに、こういうときは、「◎◎くんは、綾香のことが好きなんだね〜黒ハート」というのが定番の慰め方ではないかと思ったのだけど、この前観た映画「そんな彼なら捨てちゃえば」を思い出して止めた。

この映画で、ちっちゃな女の子が男の子に悪口を言われて(「ブス」だっけ!?)泣いていたら、その女の子のお母さんが、それはその男の子があなたのことを好きだからだ、みたいな慰め方をしたり、彼から全然電話がかかってこないときに、それは出張中だからだと慰める友人や自分自身がいたりするのを例に挙げて、男はストレートに表現している(ブスだと言っている、お前に関心がないから電話しないなど)のに、女がいかに事実を捻じ曲げて自分の都合のよいように解釈するか、というのをやっていた。それを、なるほどね〜。確かにそういうとこあるよね〜と思いながら観ていたので、綾香には、「あなたのことが好きだからだ」とは言えなかったもうやだ〜(悲しい顔)

とは言え、綾香の寂しげな顔を見て何も言わないわけにもいかず、その後、
「◎◎くん、なんでそんなこと言ったのかな〜。男同士で座ろうと思ったからかな〜。で、綾香はなんで、女の子同士で座らんかったん?でも、◎◎くん、ひょっとしてサイテイ、サイアクの意味知らんとそんなことゆーたんちゃう?ほんで、給食は何やったん?……」
と、支離滅裂の、綾香には何の慰めにもならない言葉を浴びせ続け、その場は終了したバッド(下向き矢印)

こんなことは、序の口なんだろうな〜。
これから彼女は、マジで恋をして、振られもして、少しずつ大人になっていくんだろう。
そしたら、「給食は何やったん?」は、もう使えんだろうなあ。(今回も使えていないが)

明日は台風の中、短縮バージョンの(屋内)運動会です。
ガンバレ、綾香。

posted by nara-nara at 23:46| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

最近の携帯電話事情

気が付けば4年以上使っていた携帯電話が、もうすぐ壊れますという様相を醸し出してきたので、新しいのを買いに行った。私は必要があればモバイルのパソコンを持って外出するし、とにかく嫌でも毎日パソコンとにらめっこしているので、スマートフォンには全く興味なしバッド(下向き矢印)。だから、携帯電話は電話さえできればそれでよくて、他には何の機能もいらないんだけど、お店に行ったらそういう機種って激減していて、かつ値段もムチャ高いというのを発見どんっ(衝撃)。若干安かったのが簡単ケータイとか言って、万歩計が付いていたり、文字がやたら大きかったりするやつ。こんなの持っていたら、「アイツもとうとう、そんな年になったか」みたいなことを言われかねないので、どうしたもんかと思い悩んでいたら、お店の人に、「一旦解約して、新規契約として1円携帯にしましょう」と言われた。

実は、この店員さんにたどり着くまでには、他機種への乗り換えとかも考えて複数の人と話したのだけど、みんな口をそろえて、「もうこれからはやっぱりiPhoneですよ〜。その方がずっとお得ですし〜。便利ですし〜。」の連発だった。私はさっきからいらないと言っているのに、とだんだん怒りがこみ上げてきたのと同時に、でもやっぱりiPhoneなのかなぁと思い始めていたときに、この1円携帯の案が出てきたので、電話番号が変わる不便も差し置いて、即決で「そうしましょう」と答えた。

ということで、私はいまだに自分の携帯番号を覚えていない。
どっかでまだ気付いていない不便も生じているのかもしれないけど、やっぱり私はいらないものはいらないので仕方がないあせあせ(飛び散る汗)。でもこういうのって確か、携帯電話が普及したときも同じだった。当時は携帯電話なんていらないと断固拒否していたのだけど、まず、それでは会社勤めができなくなった。そして今に至っては、幼稚園からの大切なお知らせなんかは全部メールで送られてくるので、仮に携帯電話がなければ、綾香の幼稚園生活に重要な支障をきたすことになるもうやだ〜(悲しい顔)

なんて言うか、そのう、何かに縛られているみたいな気がして嫌なんだよね〜。
白がいいと言っているのに、周りが全員黒がいいと言っていて、かつ、社会も黒がいいと言っている人の方が住みやすくなっているみたいなのは。

まあ、たかが携帯電話ぐらいだったらいいのですが。
コントロールされる人生は、いままでも、これからも断固拒否だと思う今日この頃ですパンチ

posted by nara-nara at 14:13| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

信じるということ

先週に恐らく大学生活最後になると思われるスクーリングが終わり、綾香の幼稚園も昨日から始まって、まだまだ暑いけど、私たちの時間はだんだんと秋に向かっている。
この夏はオリンピックもあったりして、胸にぐっとくるようなことが多かったような気がするけど、やっぱりジャーナリストの山本美香さんのニュースは重い。たぶん、このニュースの受け取り方は一人一人違うのだろうけど、彼女の人となりみたいなものを同時に紹介する報道が多いのを見ると、きっと「同業者」であるマスコミ関係の人たちに、一番グサっと来ているのかなあと勝手に想像している。

そんな報道のひとつに、彼女が教えていた学生の質問に答える形で、

「報道で社会を変えられると、私は信じている」

というお話をされていたというのがあった。

何にも知らない他人の私が、当然そうだろうなと思ったのは、そういう信念がないと戦場になんていけないだろうから。そして、それをするのが自分の役目だと信じてらっしゃったんじゃないかなと、これも勝手な想像をしている。

きっと、自分はこういう役割を担うために生まれてきたんだというものに出会えること自体が、とっても幸せなことなんだと思う。そして、それを実践する力になるのは、やっぱり「信じること」。

私も、信じること、あります。
頻繁に「自信過剰」と表現されますがあせあせ(飛び散る汗)、めげることなく頑張りますパンチ






posted by nara-nara at 12:06| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。