万葉集にも詠まれる奈良県・二上山のふもとで、翻訳の仕事にいそしんでいます。
大阪に出掛けて大学院生もしています(社会福祉専攻)。雑多な日々の生活で感じた
ことを、徒然なるままに、Ten thousand leaves 目指して綴ってまいりますので、
どうぞよろしくお付き合いください!

2010年11月04日

イベント目白押し

ということで、お遊戯会やら七五三やら法事やらとイベント目白押しで、ブログには最適なテーマのオンパレードであったにも関わらず、ブログを書けずにいた。もうやだ〜(悲しい顔)

お遊戯会は台風の影響で、市民ホールの大きな会場から幼稚園内のお遊戯室に変更になってしまったけど、内容はベリー、ベリーグッド決定だった。2歳児クラスは「すみれ」の1クラスだけで、年少さん、年中さん、年長さんはそれぞれ3クラスずつある。なので、各クラスから1クラスずつ、年齢の異なったクラスを組み合わせて3グループを作り、3日程に分けて開催されたのだけど、こうすることで1年ごとの子どもの成長がよく分かるようになっていた。

綾香はAグループで、唯一「すみれ」さんのいるお得な(?)グループ。
彼女たちの出し物は「ハイホー」で、女の子は白雪姫、男の子は小人の服を着て、ダンスのようなお芝居のようなことをやるのだけど、とにかく立っているだけでカワイイという超お得な状態。ご両親を客席で見つけて、手を振るのに一生懸命だったりで、演技力のほどはなかなか分からなかったけど、それでも一応、シナリオ通りにやっていたようで、十分に楽しませてもらった。

それから年少さんの「ダンス」、年中さんの「お芝居」、そして年長さんのセリフ付「寸劇」となるのだけど、なんか、年長さんがすっごくおにいちゃん、おねえちゃんに見えた。綾香もあんなふうに大きくなるのかなあと思うと、じ〜んとしてきて人の子を観て泣きそうになった。あせあせ(飛び散る汗)最後にカーテンコールもあって、「パラダイス銀河るんるん」の音楽に乗り、一人ひとり呼び出されて登場、ポーズをとっていくんだけど、あれってきっと、ご両親へのご褒美なんだろうなと思う。「よくぞここまで育てました」っていう。ほんと、オメデトウゴザイマス、っていう感じのフィナーレだった。

そして綾香は3歳、大神神社へは日曜日に行ってきたのだけど、ご祈祷のときには7、5、3歳のみならず、お宮参りの赤ちゃん、厄払いの年配の方々など、人生の節目を迎えている人たちが大勢参加していた。人が年をとっていくというのは当たり前のことなんだけど、こうやって節目節目に健康でいられるっていうのは、あんまり当たり前のことではなくて、感謝しないといけないことなのかなと、ご祈祷のあいだ、ふと思った。

その綾香は今日、とうとう熱を出してしまったのだけど。。。

はやく元気になあれ〜黒ハート


posted by nara-nara at 15:37| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

ばーばの一周忌に

土曜日は、ばーば(私の祖母、綾香の曾祖母)の一周忌だった。
ばーばには子どもが5人いて、その子どもたちには子どもがいて、その子どもたちにも子どもがいて……ということで、親戚だけでも結構な人数が集まる。

ばーばは、私が小さいときにはいつもそばにいてくれて、何をしても味方でいてくれた大切な人なのだけど、こうやってばーばのためにと集まる人たちの多さをみても、やっぱり偉大な存在だったのだなあと改めて思う。

いまでも聞いてもらいたいことはたくさんある。
でも、お経を読んだあとお坊さんのほうからお話があって、

「今日はみなさんは、亡くなられたかたの願いを聞きにお越しになっています」

とのこと。



そうですか……。




そうだよね……。



ばーばの願いはきっと、夫婦仲良く、子どもはスクスクとに尽きるだろうな。


聞いてもらいたかった願いは、こっちの胸にしまっておくことにして

ばーばの願いをかなえてあげよう。わーい(嬉しい顔)


posted by nara-nara at 10:26| 奈良 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

昨日は運動会!だったけど。。。

昨日は綾香人生初の運動会exclamation
今日のブログでは張り切ってその様子をお伝えしようと思ったのだけど、写真がこれ↓しかない(綾香の幼稚園の運動会は室内です)。あせあせ(飛び散る汗)


運動会.JPG


綾香の演目は「ノンタンのピクニック」というミニ障害物競争みたいなのと、あの「イカイカイルカ」のダンスの二つで、どちらも親子参加だったので私はビデオもカメラも撮れない。なのでオットにすべてを託したのだけど。。。ヒドすぎる。オールピンボケ。もうやだ〜(悲しい顔)
上の写真にあるように、ちゃんとカメラ席(青い幕の後ろ)なるものがあって、そこから十分に撮れるはずだし、この日のために最新機器を用意したはずなんだけどダッシュ(走り出すさま)


というわけで、ちょっと気を取り直して、9月に動物園に行った時の写真。



どう?

動物園1.JPG


素晴らしいでしょ?


動物園2.JPG


私の腕前。





追記:ちょっとマジで、オットには一日デジタルカメラ講座へ行ってもらおう。ちっ(怒った顔)



posted by nara-nara at 22:02| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

よくあること。。。かな

最近ブログを書けていないのは、若干忙しいというのもあるけど、書けない内容が多いというのが一番の理由。もうやだ〜(悲しい顔)
私がまったくの匿名だったらバンバン書いて、見も知らぬ人にストレス大発散させていただくのだけど、ここでは残念ながらそうもいかない。

まあ、簡単に何が起こったかというと、多くの人手と時間をかけて作り上げたものが、あともう少しで完成というところで崩れてしまったということ。最後のドミノを置こうとしたら全部倒れてしまったみたいな。冷静に考えれば、またやり直したら済むことなのだけど、やっぱりただいま落ち込み中。もうやだ〜(悲しい顔)

まあそんなことしても仕方ないな。
そうだひらめき
週末は綾香の運動会でイカのダンスをするんだったexclamation
これをきっかけにして、またエネルギーをチャージし直すとするか。手(チョキ)

ガンバリマス。


posted by nara-nara at 10:52| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

ネイティブスピーカー

この3連休に、土佐のみなさんとの飲み会があった。ビール

で、いろーんな話をしていたのだけど、「龍馬伝」を欠かさずみている私が気になっていた、土佐弁について聞いてみた。あのかっこいい福山さんその他みなさんの土佐弁はいかがかと。

そしたらやっぱり、「ヘン」らしい。
良く分からないけど、たぶんトウキョーの人が大阪弁を真似してしゃべる時みたいに、地元人としてはムカついてしまうような違和感があるみたいだ。

でもやっぱりというか、その人たちが絶賛していたのは広末涼子サン。
彼女の土佐弁は、まぎれもなくネイティブスピーカーのもので、聞いていてとっても心が落ち着いたらしい。私はさっぱり聞き分けられないけど、やっぱりどの言語にもネイティブサウンドというものがあるんだなあと改めて思った。

ほんなら今日はこのへんで。
by 大阪弁ネイティブスピーカー


posted by nara-nara at 15:28| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

ひとりの図書館

今朝は台風の影響で、ちょうど幼稚園バス停に綾香と向かっている途中で横殴りの雨。台風あまりもの雨量で水かさが一気に増したのか、用水路のところに20センチぐらいはあるカメが流れてきたexclamation別にカメが好きというわけではないのだけど、なんかつかまえたくなってしまったので、綾香に「カメさん、つかまえようっか?」と聞いたら、「アヤカちゃん、カサ持っているから」とかる〜く断られてしまった。もうやだ〜(悲しい顔)

で、そのあと私は一人で図書館へ。
大学の卒論準備で参考文献を探しに行ってたのだけど、何にも気にしないで本を読めるのが快感!幼稚園へ入園するまでは、綾香と二人で図書館に行ってたけど、ゆっくり本探しをするなんて不可能に近く。もうやだ〜(悲しい顔)ちょっと目を離したすきに、綾香は自分の視野に入った本を全部本棚から引っ張り出すということをしてくれたので、本当に大変だった。それを思うといまは天国みたいでとってもハッピーなんだけど、なんか寂しい気もした。

帰りに、綾香の絵本も3冊借りた。


posted by nara-nara at 13:35| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

喫茶店での初めての出来事

先日、サンパツの予約までに少し時間が空いてしまったので、とある駅前の喫茶店へ。

前からその存在は知っていたけど、なんか暗そうな雰囲気だったし、ショーウインドーの食品サンプルもホコリをかぶってるしで普段なら絶対行かないのだけど、そんなにも時間はなかったので入ってみた。

入ると、お客さんはチラホラ。
ウェイトレスがいないし、誰も「いらっしゃいませ〜」とは言わない。
でも、こっちもゆっくり待っている時間はないので、キッチンの方へ行って、
「すみませ〜ん」と声を掛けたのだけど、そこにいた人は私のことを無視。その代りに、そこに一番近い席に座って新聞を読んでいた男性が一言、「なんですか?」

「なんですか?」って、喫茶店に入った理由は一つしかないだろうちっ(怒った顔)と叫びそうになったけど、
「アイスティーをいただきたいんですけど」
と、半トーン上ずった声と、ひきつった笑顔で答えたら、その男性いわく、
「なら、座ってください」

アホか〜ちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)とまた声を出しそうになったけど、
「やっぱりいりません」とだけ言って、その店をとっとと出てきた。


初めての経験だった。



posted by nara-nara at 14:07| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

最近わからないこと

最近よくわからないことがいろいろとある。
そのせいか悶々とする日々が続いているので、ちょっとここに吐き出させてもらおうダッシュ(走り出すさま)

[政治編]
・なぜ、小沢さんが出馬するのか。
・鳩山さんは、いったい何を目指しているの。
・どうして国民には首相を選ぶ権利がないんだろう。

[野球編]
・阪神は強いのか、弱いのか。
・巨人の抑えは、なぜクルーンなんだろう。

[日常生活編]
・なぜ8月末でクーラーの入荷待ちが発生しているんだろう(暑いどんっ(衝撃)
・綾香はどうして、お父さんとお風呂に入らなくなったのか。
・なんで186歳や、ついに200歳の人が生きていることになっているのか。
・綾香の8月の幼稚園の月謝が、いつもと同額なのはなぜか。
・天海さんのGoldや龍馬伝の視聴率が、もひとつなのはなんで?

どうでもいいことばっかりか。あせあせ(飛び散る汗)
今週もガンバロウ。

posted by nara-nara at 13:29| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

介護老人保健施設

今日は、とある事情で、とある介護老人保健施設の見学へ行ってきた。
実は何年か前に、仕事で有料老人ホームを何軒か取材したことがあるんだけど、その違いに改めてビックリ。取材した有料老人ホームはもちろん、宣伝広告費にお金が掛けられるほどリッチな施設で、入るのにもたくさんのお金がいる。その代わり、部屋はホテルみたいだし、医療やら趣味の場やら何でも揃っていて、快適なことは間違いなしという感じだった。それと比べてしまうと今日見学した施設は、何と言うか。。。その。。。もうやだ〜(悲しい顔)

やっぱり世の中、お金ふくろなのかなあ〜。あせあせ(飛び散る汗)
例えば最近、某俳優さんの妻の介護ストーリーが話題になっていたけど、周りの福祉職の人いわく、あれを美談で片づけて欲しくないと。なんかおひとりで全部世話をしたように報道されているけど、実はものすごい人手が掛かっているし、それにかかる費用もハンパじゃなかったはずだと言っていた。だからいっそのこと、お金さえあれば、これだけの世話をしてもらえますよと伝えて欲しかったという意見もあった。

ああ心が痛い。たらーっ(汗)
お金はどこ〜。綾香ちゃん、稼いでくれるかなあ。

posted by nara-nara at 17:23| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

ゴールド免許更新

夏休み明けでやや多忙なのだけど、来週はもっと忙しくなりそうだし、何より更新期限が迫っているので、片道1時間かけて運転免許センターへ免許の更新に行ってきた。停まっている車にぶつけたことがあっても、ベンツに抜かれまいと必死でアクセス踏んでる私のようなドライバーであっても、無事故ではあるので「優良運転者」、つまり、私は一応、ゴールド免許保持者である。ぴかぴか(新しい)

まあ、あちらはこの仕事を毎日されていることもあってか、要領は悪くなく、結構スムーズに事は進んだ。でも「講習」内容がツラかった。あせあせ(飛び散る汗)私は今日初めて知ったのだけど(←恥exclamation&question)免許はICカード化されていて、これまでの免許証との変更内容というのが「安全講習」の中身だった。ふらふら個人情報の関係で本籍地は記載されていないとか、中型免許というのが加わって、私たちは普通免許保持者ではなく、中型免許保持者に自動的になるのだけど8トン未満という条件が付くとか、大型免許保持者の免許にもこの「8トン未満」という但し書きが付いているとか、極めつけは、暗証番号を設定するようになったのだけど、予算がなくてそれを読むリーダーが普及していないとか、もう「なんじゃこれはexclamation&question」という感じ。もうやだ〜(悲しい顔)

また誰かが遊んで、金儲けでもしているのかあ?と思っていたら、次の「講習」はSDカードについて。これはカードの色で、何年優良運転者でいるかを証明するというカードらしいけど、これを持つことで、自らの信頼度がアップするという説明だった。代金は630円で、これを何とか財団法人に支払う。あほちゃう?と心の中で大きく叫び、もらうものはもらって、さっさと帰ってきた。

確か交通に関する財団法人って、いくつかあったよな〜。
イライラするけど、仕事に戻ります。


posted by nara-nara at 16:39| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

綾香の夏休みB(母と女二人で京都へ)

久々のブログ更新だけど、何をしていたかというと、仕事のオットを家に置いて、綾香と二人で京都へ二泊三日旅行exclamation×2……と言い切りたいところだけど、実は私の大学のスクーリングに、綾香も連れて行ってただけで、正真正銘の旅行とはチト違う。バッド(下向き矢印)でも、それでもそれでも、私は楽しかった!グッド(上向き矢印)

もちろん、トトロのメイじゃあるまいし、授業中に綾香を席の隣りに座らせていたわけではなく、私がスクーリングを受けていた間は、大学の託児所に預けていた。大学に託児所なんて改めてビックリしたけど、料金は1時間350円だし、保育士さんは初日子ども4人に対して、2日目は子ども6人に対して3人もいてくださったし、場所も快適そうなところで、綾香を安心して預けることができた。預けっぱなしかと思っていたけど、ちゃんと工作の時間もお昼寝もあり、3歳から小学生までを対象にしたその託児所では、綾香は常に最年少でみんなに可愛がってもらえたようで、終始ゴキゲンだったそうだ。わーい(嬉しい顔)

スクーリングは月曜日に始まったので、京都入りをしたのは日曜日。
泊まったホテルは1泊4500円の安宿(人生最安値かもあせあせ(飛び散る汗))だったけど、金閣寺から徒歩圏内のところにあったので、到着した日の夕方、散歩がてらに行ってきた。金ピカの建物に綾香はあまり興味がなかったようだけど、サスガ金閣寺。世界各国から観光客が来ていて、彼女は興奮のあまりこんなことに(↓)

金閣寺2.jpg

……というのは冗談で、これは彼女が最近発見した写真を撮るときのポーズ。または、こんなのもある。ピースが2本ではなく、3本であるところが、彼女のオリジナリティである。

金閣寺1.jpg

そして、なんとなんと。月曜日の夜は五山の送り火で、ホテルからもしっかり見えた(カメラ忘れたのが残念!)あと、綾香としては2日連続で朝マックでホットケーキが食べられたことや、「和食さと」でのお子様ランチがヘンに気に入ったようで、2日目からも、「さと行く?」と連発していた。

スクーリング自体は2本あって、1本目は貧困と児童虐待の話しで結構ヘビー。2本目は福祉ビジネスの現状ということで、本当は今日も出席しないといけなかったのだけど、なぜ欠席してブログ書いているのかはツラ過ぎて書けない。あせあせ(飛び散る汗)お金も払ったし、前半部分の昨日は出席しているので残念至極だけど、不合格で冬に再挑戦ということになりそうだ。

ということで、綾香(と私)の夏休みは今日でおしまい。
明日からまた忙しい毎日が始まります。








posted by nara-nara at 15:14| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

綾香の夏休みA(映画「みつばちハッチ」)

昨日の朝、綾香と私は初めて一緒に映画館へ!
厳密に言うと、綾香とは彼女がまだお腹にいたときに「アンフェア」を観に行ったことがあって、音響が大きかったときにお腹を蹴られた記憶があるけど、彼女が外界へ出てからはこれが初めてだ。作品候補としては「アンパンマン」や「アリエッティ」なんかもあったけど、アンパンマンは私が辛いし、アリエッティはまだ綾香には難しいかもしれないので、ここは、母も思い出がある「みつばちハッチ」にすることにした。

「みつばちハッチ」はもともと「みなしごハッチ」というタイトルで、まさしく私の子ども時代、1970年から放送されていた。「ゆけゆけ、ハッチ〜るんるんみつばちハッチ〜。とべとべ、ハッチ〜るんるんみなしごハッチ〜」というメロディーは、まだ私の頭にしっかり刻まれている。そういう私からすると、「現代」のハッチはなんかきれい過ぎて、最初はちょっと取っ付きが悪いようなところがあったのだけど、やっぱりハッチ。泣いてしまいました〜たらーっ(汗)あの健気なハッチの姿にも心を打たれるけど、やっぱり私は、仲間たちがみんなでハッチを助けにやってくるシーンなんかに弱い。特に、カマキリのカマキチまでが、体を張ってハッチを助けるところなんてたらーっ(汗)たらーっ(汗)

まあ何が過去の作品と違うかって、やっぱり声優陣。このカマキチは中村獅童だし、それに、「ハッチ、あなたは王子なのですよ。誇りを持って生きなさい(←正確ではない。こんな感じ)」なーんて女王のセリフを言っているのは安田成美だし。NHKの子ども番組を観てても思うけど、いまの子どもって、結構いいモノを与えてもらっているような気がする。大山のぶ代や小鳩くるみより安田成美のほうがいいという意味ではなくて、子どもだからこんなものでいいでしょ、と勝手に線を引いてしまわないというか何と言うか。ハッチもそうだけど、いい子ども作品は大人でも楽しめるようになっていると思う。

とにかく上演時間中、綾香はずっとおとなしくして映画を観ていた。大きな声を出してはいけないと分かっていて、小声で、「カマキリが来たね」とか「おかあさん、いたね」とかささやいていた。わーい(嬉しい顔)モーニングショーで行ったのでお昼寝もちゃんとできたし、レディースデーだったので2人で2000円。手軽に楽しめる遊びパターンがひとつ増えて私は大喜びしているのだけど、綾香曰く、次は「プリキュア」がいいらしい。プリキュアかあ。。。これはパパと行ってもらおうかダッシュ(走り出すさま)



posted by nara-nara at 14:44| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

綾香の夏休み@(熊野・伊勢)

8日(日)から10日(火)まで二泊の家族旅行へ。
あいにくのお天気だったけど、それなりには楽しんでまいりました。

まず1日目は熊野へ。
私は熊野へ行くからには、やっぱり熊野古道を散策して、神社にもおまいりして…とか思っていたのだけど、お天気がどうやら崩れそうだし、今回の主役は綾香だ(←とオットは考えていた)ということで、濡れても大丈夫な新鹿海岸へ。


新鹿海岸.JPG


本格的な海遊びをするのは初めてだった綾香。
最初は、「もうオシマイ〜あせあせ(飛び散る汗)」とすぐに浜へ戻ろうとするし、波をかぶってしまったときは水の辛さにびっくりしていたみたいだけど、思ったほど怖がっていなかった模様。でもそうしているうちにやっぱり降り出してきて、宿泊先で一風呂あびて、それからおいしい食事を楽しんだ。

次の日は朝から雨。なので室内でということで、道の駅のウミガメ公園へ。


ウミガメ道の駅.JPG


ここは文字通り「道の駅」なんだけど、入場無料でウミガメをはじめとして海の生き物と触れ合える「ふれあいパーク」という名前が付いている。綾香は肝心のウミガメはあんまり興味がなかったようだけど、必死で魚を捕まえようとしたりして、キャッキャと楽しんでいた。

で、午後は志摩スペイン村を目指して4時間ほど海岸沿いをドライブ。
雨は降ったりやんだりで一時は「中止」も考えたけど、晴れ間もあったりしたので、入場決行exclamation

スペイン村.JPG

メリーゴーランド、気球のぶるんぶるん回るやつ、くるみ割り人形、不思議の国のアリスなんかのアトラクションを楽しんだのだけど、6時前にはとうとう土砂降りに。もうやだ〜(悲しい顔)私と綾香はもっともっと遊んでいたかったのだけど、運転で疲れているうえ遅くなったこともあり、オットはかなり不機嫌になっており、スペイン村をあとに。そして、宿泊先へ向かったものの食事ができる場所がないということがわかったときには、とうとう怒りが爆発。爆弾泊まったのは二見だったのだけど、この辺は要するにみんな旅館で食事をするらしく、私たちみたいに素泊まり派が食事できるような場所は、特に7時を過ぎると皆無に等しかったのだ。もうやだ〜(悲しい顔)なので結局、海の幸が豊富な伊勢に来てホテル内の中華レストランで食べることになり、オットの怒りは収まらない。そしたら、なんとなんと。隣で食事をしていた観光バスの運転手さんと思われる男性が綾香のところにやってきて、「これで花火でも楽しんで」と千円おこずかいをくれたexclamation×2父親が不機嫌な横で、ごはんを食べている母親と娘を哀れだと思ったのか、単に綾香がかわいかったからかはよくわからないけど、こんなビックリするようなことがあって、オットはもう、不機嫌ではいられなくなった。ほんと、世の中にはいろんな人がいる。この千円はもちろん花火のように消えるものには使えないので、綾香の貯金通帳にそのまま預ける予定だ。

というわけでオットの機嫌も直り、翌日は夫婦岩+伊勢神宮へ。


夫婦岩.JPG


結局、この最終日もお天気はあんまりスッキリとは行かなかったのだけど、お昼にはサザエやら大アサリやらをコンロで焼きながらいただく貝定食を食べることができたし、お土産に海のものを買って、夜は自宅で「旅行楽しかったね」の乾杯をした。

旅行中っていろんなことが起こるし、お天気の都合やなんかで思ったとおりに行かないこともあるけど、やっぱり人生の楽しみのひとつだな。この旅行は綾香の記憶には残らないかもしれないけど、できるところまで一緒に旅したいと思う私です。ぴかぴか(新しい)





posted by nara-nara at 16:30| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

あれから1年…か

今朝も綾香を幼稚園へ送りに行って、門のところを出ようとしたら、少しおめかしした母娘と、おじいちゃん、おばあちゃんの4人組とバッタリ。私を園の誰か(←どう見たって幼稚園の先生には見えんけどあせあせ(飛び散る汗))と思ったのか、「面接にお伺いいたしました〜」ととても丁寧に声を掛けてきた。どうやら来年度の入園の面接があるらしい。

そう言えば、綾香と面接に行って、私の自慢をひたすらしゃべくり続けたのも去年のこの時期だっけ。あれからもう1年になるんだなあと思うと、なんかじ〜んとくる。入園の春になるまでは心配事もあったし、高校時代以来のミシンで幼稚園グッズを作ったりといろいろあったけど、1学期が終わったいまでは、幼稚園はすっかり「綾香の居る場所」になっているし、先生やお友だちをはじめとして、バス運転手のサカグチさんやら給食のおばさんやらと、綾香を中心とした人間関係も広がっている。

しかし、おじいちゃん、おばあちゃんは、面接にまで来るようになったんだね。入園式なんかのイベントでおとうさんをみるのは当たり前のようになったけど、地域柄か、おじいちゃんや、特におばあちゃんもよく見かける。

さてさて、綾香も私も、明日から夏休みでございます。
暑いけど、楽しい夏晴れにするぞ、おーっパンチ


posted by nara-nara at 12:01| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

forty-four (44)

まったく忘れていたわけでも、何事もなかったわけでもないけど……
この前の土曜日(7/31)に、私はミゴト44歳になった。グッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)グッド(上向き矢印)
まあ、何がミゴトかもわからず、当日もオットの実家近くの夏祭りに行くことになってたから、行き道のカルフールで780円のフルーツタルトを買い、お祭りが始まる前にあわてて食べて、お誕生日おめでとうの乾杯もなく終了。もうやだ〜(悲しい顔)メデタイのは44とぞろ目になっていることと、四捨五入したらまだ40だ、ということぐらいかと自暴自棄になりそうだけど、この前たまたまお話した助産師さんは、「お誕生日は、誰にとっても、何歳になっても、とても素晴らしい日ですよ」と言っていた。

次の日曜日は高校のときの同窓会に行った。
ミゴト全員44歳。ビール女ばっかりの、それはうるさい飲み会で、店の人もはっきり言って、とっても迷惑そうな顔をしていたけど、45歳になったら、さらにうるさくなっているだけのことだろう。

45歳までの1年間、切り上げ50までの1年間、どうやって過ごそうかなあ。
「綾香ちゃんのママって、きれいね」と言われるのを目指してみようかなあ。。。
時間のムダかもうやだ〜(悲しい顔)


posted by nara-nara at 15:22| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

この1週間

この1週間、何をしてたかって仕事ですわ〜あせあせ(飛び散る汗)
綾香が寝たあとは、録画していたドラマ(「Gold」に「トップキャスター」と、どっちも天海祐希主演)を一つずつ観るというのが秘かな楽しみだったのだけど、それもままならず。もうやだ〜(悲しい顔)それがやっと一段落して、いまこうやって少々休憩しております。手(チョキ)

で、やっぱり助かるな〜としみじみ思っているのが、綾香の通っている幼稚園のこと。いまはもちろん夏休みなのだけど、「デイスクール」ということで、9時から18時まで預かってもらえる。年齢に関係なく、みんなで一緒に遊んでいるという感じなのだけど、働くお母さんにとっては有り難い。また、「なかよしモーニング」というのもあって、7時半から追加料金(500円)で預かってもらえる制度があり、綾香も今週は1度だけ利用した。デイスクールの料金は1日あたり2000円、月極めだと16000円。全部で16日あるので、完全出席すれば、1日1000円になる。

それで、また幼稚園か保育園かの話になってしまうけど、綾香の通っている幼稚園のお母さんは、どうも働いている人が多い。そのうちの一人のお母さんが言っていたのは、子どもを2人、ヘタすると?3人も私立の幼稚園に通わせようと思ったら、お母さんも働いていないとムリだと。こういうのは地域性が出るところだけど、私たちが住んでいるところは高級住宅街でもなんでもないので、このお母さんが言っていたことが、だいたいの場合に当てはまるんじゃないかと思う。

そういうこともあって、私はやっぱり、お母さんが働いていたら子どもは保育園で、そうでなければ幼稚園というのは、どうも解せない。そう思っていたら、1週間前の新聞で「幼保一元化を考える」というテーマの記事が出ていた。そうだよな〜と賛同したところは、下記のとおり(色は私が勝手につけました)。

*子ども・子育て新システム検討会議の答申に、幼保一体化が書かれました。しかしその内容には、教育の視点が全く触れられていません。

*単に幼稚園と保育所を一体にした「こども園」を整備する、といった制度問題のみに終始していても展望は開けません。日本の子どもたちが、家庭、幼稚園・保育所といった機関、地域の中でどのように育つべきかを十分に議論し、日本の子どもたちの学びをどのように構築していくかの視点を定めたうえで、小学校就学前の制度の在り方が初めて見えてくるのではないでしょうか。

*議論されなければならないのは、誕生から小学校入学前の日本の子どもたちがどのような環境で育ち、家庭、教育機関、地域がどのような役割を担い、子どもが育つのに最も重要な要素である家庭がどうあるべきかです。それを、親の就労形態までも含めた総合的な視点で議論し、あるべき姿を求めてから制度設計する本来の姿を求めるのが先決です。

*極論だが、今の社会状況を前提に、子どものための施設を白地に絵を描いたら、保育所と幼稚園という2種類の施設を構想するだろうか。…特に子どもたちの育ちの保障にとって望ましいのであれば、小学校も保護者の就労状況により2種類に区分けする必要がある。しかし、現実にはそうなっていない。

*ただでさえ地域コミュニティーが希薄になっている中で、保育所と幼稚園に分かれることによって、子どもの友だち関係や保護者の人間関係が切り分けられ、コミュニティーの形成を一層困難にしている。


ということで、一人の母親として思うことがいろいろある。
確かに待機児童の問題は深刻で、本当に困っているお母さんたちがたくさんいると思う。これは絶対にどうにかしないといけないことで、それで「幼保一元化」や「こども園」のことが議論されているけど、子どもの視点に立ったときにどうなんだろう。私たちは、子どもたちをどう育てたいんだろう。。。とか。こういうことを考え出すと、例えば、保育所は厚生労働省管轄で、幼稚園は文部科学省管轄です、といった事実は、なんかシーラカンス的というか、NHK大河ドラマ的というか、要するに非常に古臭いにおいがしてくる。

まあ、また仕事に戻らないといけないので、このへんにしときますけど、とにかくこれからの時代は、いろんな意味でとても大変になると思うので、綾香にはそれを生き抜く術を身につけさせてやりたいと思っております。

posted by nara-nara at 15:08| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

10分で8万円

昨日午前9時ぐらいに私の母から電話があって、午後1時から大阪で親類の葬儀だと。あせあせ(飛び散る汗)
あまりに急で、悲しいとかいうより、どうしようというのが先にきて、なんでそんなギリギリに言ってくるのかと少々文句を言ってやりたかったけど、長話をする時間もなかったので、その電話は早々に切り上げて準備開始。

まず綾香をどうするかだったのだけど、彼女はいま夏の短縮保育なので急遽延長保育にしてもらうか、ダメならすぐに迎えに行って一緒に連れて行かないといけなかった。それで事情を幼稚園の先生に説明すると、18時まで預かってもらえるとのこと。お弁当も先生側のほうでおにぎりを用意してくださるとのことだった。この幼稚園にしてヨカッタ〜exclamation×2と改めて思った瞬間だった。

で、次に自分の準備だけど、喪服がない。
実は私はこの年になるまで、きちんとしたフォーマルブラックを用意したことがなかった。これまでそういう場面がまったくなかったわけではないのだけど、黒のジャケットとロングスカートやパンツは持ってるので、それを組み合わせてなんとかやってきた。でも、このじとっとした梅雨空のなかで、その冬用のものはなんともならず、また、もうごまかせる年齢でもなくなってきたのは自覚していたので、これを機会に購入することにした。

行き道の途中の百貨店に入り、黒のストッキング(←これも持ってなかった)を買い、フォーマルウェアのコーナーにまっしぐら。そして、店の人に開口一番、「予算5万円で、着回しがきいて、あと10年は着られるようなものをください」と伝えた。すると、お客様の願いをすべて叶えられるようなものはございませんとばかり、76800円のを持ってきた。1点目からすでに予算をオーバーしていたけど、その分、いいものであったのも確か。しかし、これだけの値段を出すのであれば、できるだけ完ぺきなものがいいと思って、「この襟のところがどうかなあと思うんですけど…」と言ったら、11万円のが出てきた。このまま行くと大変なことになるexclamationと思った私は、時間もないし、「やっぱり、これをお願いします」と1点目のやつを買う決意をした。合計所要時間10分だった。(しかしなんで、みんなこんなに高いんだexclamation&question

とにかくそんなこんなで、10分で8万円の買い物は私の人生初ではないかと思うけど、葬儀には間に合ってきちんとお別れができたから、これでよかったのだと思うことにする。ドタバタだったことも含めて、いろんな罪悪感は心に残ったままだけど(反省)。




posted by nara-nara at 10:20| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

初めての入院面談

私が何者かがわかってしまっているので、あまり詳しくは書けないのだけど。。。

昨日初めて、身近な人のための入院面談というのに行ってきた。
その人は1月に病院へ運ばれて、いま入院している病院(A)は2つ目。もうすぐ期限の3か月が来て退院しないといけないので、いま次の病院(B)を探しているところ。昨日面談があったのは、その次に入院を希望しているB病院だ。

あちらに着くと、ソーシャルワーカーさんが、病室やリハビリ室の案内や、もろもろの説明もしてくださった。もう実は、入院予定のその人は医療行為は必要なく、あとはリハビリをしないといけないだけの状態になっている(要介護度4)。なので、このB病院にいられるのも3か月間だけで、その後は在宅介護にするのか、施設に入るのかを考えなければならないとのことだった。そして、在宅介護にするのであれば、家の改修なんかも必要になってくるだろうし、施設(老健)に入るのであれば、申し込みに2〜3か月かかるので、あまりゆっくりもしていられないと言っていた。

そういったことを、面談が終わって当のご本人に伝えたら、やっぱり家に戻るのが希望だとのこと。でも、介護をしなければならない人は、まだその覚悟ができないでいる。というわけで、まだB病院にも移っていないし、これから関係者でじっくり話し合いをしていかなければならないのだけど、いま入院しているA病院のワーカーさんいわく、「次の病院(C)に申し込んでおくという手もあります」。目

まあ、病院をたらい回しにするのは、介護をする側には楽かもしれないのだけど。。。あせあせ(飛び散る汗)
B病院のワーカーさんは、「施設は本当に入らなければならないときが来るし、家に居られる時間って、実は限られているんですよ」と、やんわりと在宅介護を勧めていた。おんなじワーカーでも、人や病院が変わればこんなに対応の仕方が違うんだなと、ちょっとビックリ。
とにかく私は、できるだけ本人の願いがかなうよう、自分ができることはやらせていただこうと思っております。手(チョキ)



posted by nara-nara at 15:58| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

幼稚園の先生と保育士さんの統合へ

6月29日 時事通信より

----------------------------------------------------------------
政府が、幼保一体化を推進するため、2013年度をめどに幼稚園教諭と保育士資格の統合を検討していることが28日、分かった。幼稚園と保育所の機能を兼ね備え、親の就労状況に関係なく子どもを預けられる「こども園」制度の創設に併せて実施する考え。現状では新資格を創設する案などが浮上している。政府は教職員免許法や児童福祉法を改正する方針だ。
 現在、幼稚園は幼児教育を重視する教育施設、保育所は共働き世帯の子を受け入れる児童福祉施設と位置付けられ、教職員の資格も別々になっている。ただ、保育所でも3〜6歳児に対して幼児教育を行っており、教育面で両施設の区別はなくなりつつある。
 具体的な資格統合に際しては、両方の資質を兼ね備えた「こども士」といった新資格を創設する案がある。また、幼稚園教諭と保育士の資格を残したまま、取得カリキュラムを共通化する考え方もある。現行だと、幼稚園教諭には一種、二種などがあり、二種の場合は短大などで62単位以上の取得が必要。一方、保育士は68単位以上取得することが条件となる。一部の短大では両方の資格を取得できるカリキュラムを編成しているが、学生の負担感は大きかった。このため、カリキュラムの共通化で、より資格を取りやすくする。
----------------------------------------------------------------

という記事が昨日出ていたけど、私としては、そうだよね、という感じ。ブログにもしょっちゅう書いてるけど、親の就労状況の違いで子どもが厚生省管轄の施設(保育所)に行ったり、文科省の施設(幼稚園)に行ったりというのはおかしいし、働いているお母さんだから6時までの預かりで、専業主婦だから2時までというのも違うと思ってた。あとは保育料の問題とか、この関連のことは言いたいことが山ほどあるけど、今日はとりあえずこれだけ。。。

「こども園」とか、「こども士」っていうネーミング、なんとかなりませんか。もうやだ〜(悲しい顔)


posted by nara-nara at 15:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

(ほたる)まつりと金魚

(ブログの更新が滞りがちですが、この間に奈良も梅雨に入り、阪神の下柳氏も結婚し、日本サッカーはカメルーンに勝ちました…演劇

週末は近所の保育園でやっていた「(ほたる)まつり」へ。なんで(ほたる)なのかというと、ほたるが光り出す前に帰宅したから。あせあせ(飛び散る汗)でもまあ、ここの敷地は本当に広くて遊具も遊園地並みで本当にスゴイ。まつりも夜店もたくさん出ていたし、何より大勢の人が来ていたし、保育園のイベントだとはとても思えない。保育園自体も英会話や太鼓やらいろんなカリキュラムが用意されているみたいだし、子育て支援なんかのプログラムも市からの委託でやっている。ほんと、幼児保育・教育施設っていろいろあって、ひとくくりにできないんですな。

そのまつりへ綾香もお初の浴衣で参上。

ゆかた.jpg

そして初めての「金魚すくい」に挑戦した。もちろん、ポイは私も一緒に持ってやって、なんとか1ぴきはキャッチ。手(チョキ)しかし、当の綾香は歓声を上げるでもなく終止固まっていた。大量の金魚が泳いでいるのを初めてみた彼女は、みんながなぜ、今にも破れそうな紙に金魚をのっけてお椀に移しているのかが、よく理解できなかったようだ(宇宙人がこれを初めて見ても奇怪に思うことだろう)。で、途中でオットに代わってあげたら、5秒後にゲーム終了。もうやだ〜(悲しい顔)結局すくえたのは1匹で、いつものパターンで行くとこれで終わりなのだけど……今回は金魚を持って帰ることにした。

私自身は動物が苦手で、子どもの頃にも何匹の金魚を死なせてしまったかわからず、生き物を飼うということは、ここ何十年一切したことがない。でも、綾香はそれじゃいけないのではと思って、決死の覚悟で金魚をもらってかえることにした。(でも、綾香が子犬を拾ってきて、「おかあさん、飼ってもいい?」という日が来ないことを、強く強く願っている)

オットが早速金魚鉢セットを買ってきて、いまは玄関で4匹の金魚たちが泳いでる。そして、その前に綾香とオットが寝転がって、よく二人でボーっと金魚が泳ぐのを眺めてる。

持って帰ってきたのは正解だったかな。




posted by nara-nara at 11:56| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。