万葉集にも詠まれる奈良県・二上山のふもとで、翻訳の仕事にいそしんでいます。
大阪に出掛けて大学院生もしています(社会福祉専攻)。雑多な日々の生活で感じた
ことを、徒然なるままに、Ten thousand leaves 目指して綴ってまいりますので、
どうぞよろしくお付き合いください!

2016年09月06日

おいしい給食

長い夏休みも終わって、今日から給食も再開。
娘は前日の夜から、「明日の給食、夏野菜カレーやねん!楽しみ〜」と叫んでいた。

こんなに給食を楽しみにしているなんて、家ではいったい何を食べさせているのかという声が聞こえないでもないけど、試食してみて実際に美味しいし、本人も喜んでいるしで、ウチは給食大好き親子

よく、お母さんの手作り弁当が愛情表現みたいなことを言われ、キャラ弁を作る母親が良い母親みたいに思われるときがあるけど、本当にそうなのかなあ。まあ、私が良き母親だとは思わないけど、弁当か給食かでいろんなことを決めつけない。私もそれなりにがんばってるし

しかし、本当に給食の質が私の子どものときとは違う。
私はさすがに脱脂粉乳の時代ではないけど、冬なんかコッペパンをストーブで焼いて、四角のマーガリン付けて食べてたなあ。鯨肉も出てたな。なのに娘の給食の主食は、サフランライスだったり、地元の米粉を使ったパンだったり。

うん、給食を楽しもう

posted by nara-nara at 21:33| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

ルールを変える

今朝新聞の読者欄を読んでいて思い出したこと。

義父は寝たきりの状態なのだけど、ある日、銀行口座のキャッシュカードを作ろうということになったので、私が代理として窓口へ。そしたら、「本人が直接窓口に来ないと発行できない」と言われたので、「本人が寝たきりで来れる状態ではないので、私が代理で来ている」と言うと、「では発行できない。ルールなので」ということだった。今朝の読書欄も同じようなことが書かれていて、その人の意見も、そして私の意見も、

「じゃあ、ルールを変えれば?」だ。

私たちのケースでは、義父を代理して、誰かが通帳とハンコを持って窓口に行っていたのだけど、これだと銀行があいているときにしかお金をおろしに行けない(日本の銀行はなぜか午後3時に閉まる)。このままだと不便なのでカードを作ろうということになったけど、銀行は義父が自ら窓口に来ることを要求する。「ルールなので」。

ルールを守ることは確かに大事なのだけど、そのルールが妥当なのかは常に検証する必要がある。
ただの「現状維持」のためにルールを守ろうとするのは、ちょっと違うと思う。

結局うちは、カードを作ることは断念。
読者欄に投稿した人もあきらめたみたいだけど、あきらめきれない思いがあって、新聞に投稿したんだろうな。

posted by nara-nara at 09:37| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

日本ガンバレ!

オリンピックは4年ごとなので、そのたびに自分も4歳年を重ねていくんだけど、なんというか・・・選手が若いそれどころか、そのお母さんというのが、私より若いことになんとなくショックを受けている

高校野球もやっているけど、同世代として応援していたPLの桑田とか清原も、おっちゃんになってるもんね

さてさて、私もいつか、メダリストの母としてインタビューを受けちゃったりなんかする日が来るかなあ

そんな妄想に浸りながら、オリンピックを楽しんでます。
posted by nara-nara at 13:06| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

淀川花火大会

昨日は綾香、人生初の花火大会参加。
なにわ淀川花火大会で、メイン会場の梅田と十三は避け、「穴場」「落ち着いてみられる」とされる海老江の会場に行ったが、やっぱり人は多かった

でもおかげで綾香は大感激。
私は後ろの理系カップルが、花火の仕掛けがどのようになっているのか、議論を交わし合ったりしているのや、前に座っていた家族がやたら行儀が悪いのに気を取られがちだったけど、やっぱ来てよかったなと思った。

この花火大会は私自身は2回目。
前回は梅田の会場に行って、やったらと感激したのを覚えている。
世話好きな高校時代からの友人がいろいろ調べてくれて、本当に良いポジションで花火を堪能できた

その彼女が、ほんの2ヶ月ほど前に亡くなった。
こんなことになるなんて、一緒に花火を観ていたときは、一瞬たりとも思ってなかったけど。

きっと花火が上がるたびに、私は彼女を思い出す。
来年は、勇気を振り絞って、またメイン会場に行ってみよう。


posted by nara-nara at 17:19| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

暑中お見舞い申し上げます

娘は夏休み突入。
今年の夏こそは、宿題を後回しにしないと約束し、早速取り掛かったのは、暑中お見舞いのハガキを送るというものだった。

なんとも言えないヘタクソ文字だけど、本人は一生懸命頑張ったので、そのまま投函。
そしたら、昨日届いたという私の友人から、早速ありがとうメールが どうやら、その友人(私の同級生)というよりも、彼女のご両親が喜んでいたとか。小さな子どもの字を見るのが久しぶりのようで「可愛い」と大絶賛だったらしい

引き続き今日は、おじいちゃん、おばあちゃんからお礼の電話がかかってきた。「お盆休みにおいで」と言っていたと、娘が照れながら言っていた。

これは私のいつものいけないところ。
「なんでもうちょっときれいに書けないんだろう」とか、「指導」目線で彼女のハガキをみていたけど、受け取った人は、その彼女の文字をみてよろこんでくれていた。これなんだよね、本当の目的は。

悲しい事件もこのごろ多いけど、子どもって本当に不思議な力を持っているなあって思う。みんな昔は子どもだったはずなのに、どっかでその力をなくしてしまうのかな。

さてさて、今年の夏はどんなのになるかな

posted by nara-nara at 17:05| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

夏の予感

いまウチの冷蔵庫には、自分で買ったミニトマト1パックと、ご近所Aさんにもらったトマトと、ご近所Bさんにもらったトマトで、合計20個ぐらいのトマトが入っている。おととしぐらいは、これもご近所から集まったキュウリが20本ほど入っていたこともある

私は決してご近所さんに文句を言っているのではなく、逆にありがたく思っているのだけど、なんでいつも「同日」なのかがとってもフシギ。こういうのって、シンクロしているのかなあ

この暑い季節、冷やしたトマトはとってもおいしいのでひたすらいただきます。
次はトウモロコシがよいかな
いやいや、お金がもっといいかな。



posted by nara-nara at 21:52| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

白状しちゃう相手

ちょっとご縁があって、元ケーサツの人とお話しする機会があった。
そしたら、刑事さんにも相手に白状させるのが上手な人と下手な人がいるとのこと。
じゃあ、どんな人が上手なんですか〜?と聞いたら
その理由はカツ丼でもなく、脅しでもなく、その人からにじみ出る安心感だと。
つまり、「この人なら話を聞いてくれるかも」と思えるような人であり、そう思わせるものは何かというと、その人のこれまでの経験であったり、知識であったりするんじゃないかということだった。

これはなかなか興味深い。
よくお人柄とかいうけど、そのお人柄は生来のものだけではなくて、いろんな経験を積んだり、知識を獲得するなど自己研さんして高められていく、つまり、お人柄も自分の努力で向上させられるってことですから。

私のお人柄は、少しぐらいマシになってきているのか、それとも磨きをかけて悪くなってきているのか。
さて、誰か白状させてみよっかな

posted by nara-nara at 22:07| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

そもそもの目的

トンデモ都知事の影響で、都議会がリオの視察を中止したとのこと。
理由は報道によると、「世論に配慮して」

うーん、わからん

そもそもなんで視察をしようと思ってたん
次の開催国として、いろいろ学んでそれを活かそうと思ったんじゃないの
ホテル代が高騰しているからって、そんなんわかってたやん!!
いままで何回オリンピックしてるん

とまあ、これは多くの人が思っていることで今更なんだけど、都議会に限らず何らかの組織に属していると、いろんな人の顔を見ている間に、そもそも何がしたかったのかがわからなくなることが結構よくある。本来の目的とどんどんずれていったりする。

その対策としては、とってもベタなんだけど、文章にして紙に書いておくのがいいんじゃないかと思う。【目的】【意義】【現在までの到達点】【達成方法】【今後の課題】みたいな感じで。そして、絶えず検証して、ずれてきたなと思ったら軌道修正をかけるか、そもそもの設定が不適切だったとわかれば、間違ってましたと軽く一言添えて、理由とともに修正案を提示するみたいな。これってまさしく、いま私が大学院で研究を進めていくプロセスにそっくりなんだけどね。

なかには、自腹で現地視察に行こうとしている議員さんもいるみたい。
この人は視察に行く理由を、どっかにしっかり書いているのかも



posted by nara-nara at 08:44| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

なんのために働くか

6月15日付毎日新聞 水説「スイスからの問い」より

すべての国民が生活に困らないだけの一定額を受け取るbasic income(最低限所得保障)の是非を問う国民投票がスイスで実施された。一定額というのは、この場合大人で月約27万円、子どもは約7万円で、文字通り生活には困らなそうな額だ。

結局は76.9%の人がNoと言って否決された(投票率は23.1%で低めだった)のだけど、こういうテーマを机上に乗せたことで、少なくともヨーロッパではいろんな議論を巻き起こしているようだ。その一つが、

所得保障がされると、人は働かなくなるのか。

この質問を日本でしたら、えらい感情論になりそうだ
生活保護バッシングの嵐がすぐに吹き荒れることを考えると、「当たり前だろ」の怒号が聞こえてきそうだ。

でもでも、このコラムにも書いてあったけど、とりあえず生活の心配がないのであれば、人は自分の力を他の人や社会のために使えるんじゃないだろうか。自分の生活で精一杯です!じゃなくて、どうやったら人のため、社会のためになれるんだろうということを考える余裕が出てくるんじゃないのかな。

誰かが適職と天職の違いについて話していた。
人は生きていく分だけは稼がないといけないのだけど、それについては自分の得意とするところを仕事とするのが効率的で、それが適職。天職というのは、給料がどうとかは一切関係なく、自分が楽しいと思えること、それが人の役に立っていると思えるような仕事のことだと。これって私も賛成で、この2つのバランスがうまく取れるような人生って最高だなと思ってる。

国民投票は圧倒的な差で否決されたけど、これを議論できるスイスは、やっぱり成熟した社会なのかな・・・と、議論の余地がなさそうな日本国民として思った。

posted by nara-nara at 08:39| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

真田丸展@阪急梅田

土曜日のダンスレッスンの帰りに阪急うめだに寄ったら、真田丸展やっていました。
まさしく老若男女が集っていて、みんな楽しんでました。

これはおそらく昌幸の甲冑で。。。

甲冑.jpg

これがかなりヘンなお姫様!

Aumehime.jpg

ガラケーで撮る写真はちっちゃいなあ。。。

入場料は無料(開催は20日まで)だし、毎週テレビを観られているかたは楽しめると思います


ディオールのミニチュア展もやってます。
posted by nara-nara at 20:21| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする