万葉集にも詠まれる奈良県・二上山のふもとで、翻訳の仕事にいそしんでいます。
大阪に出掛けて大学院生もしています(社会福祉専攻)。雑多な日々の生活で感じた
ことを、徒然なるままに、Ten thousand leaves 目指して綴ってまいりますので、
どうぞよろしくお付き合いください!

2016年03月25日

卒業式

昨日は娘の小2修了式と私の学位授与式
おばあちゃんに泊まりに来てもらって、私は追いコンへ。後ろ髪引かれる思いで店を出たけど、やっぱり終電は逃して、大阪と奈良の県境からはタクシーで帰ってきた。

2人とも入学して2年。
やっぱり大変だったのは、お互い1年生だったときかな。毎日走っていたけど、それが遠い昔に思えるぐらいに、いまは穏やかな春休みです

posted by nara-nara at 22:05| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

昔の参考書

いま、ソーシャルワークの倫理に関する本をパラパラっと読んでいる。
そこにカントやベンサムといった名前が出てきたので、そういえば大学受験のときにお世話になったシグマベストの「倫理」参考書があったなあと思って引っ張り出したら、出版年が31年前の1985年だったで、カントのページ開いたら、30歳若い私、ちゃんと大切なところに線を引いてたよ〜

しかし実は私、第1志望の国立大学は落ちた。その頃は共通一次で、もともと世界史で受験することになってたのだけど、どうしても頭に入らなくて、直前になって倫理に変えた。新課程で倫理の授業はなくなっていて、移行措置の段階だったので、独学で受験しないといけなかったにもかかわらず、そういう判断をした。要するに私は、一人でパニック状態になっていて、結局のところ受験は失敗に終わった。

人生初めての挫折というやつで、とにかくしんどい思い出しかないけど、それなりに頑張っていたんだと、参考書の線引きをみて、あのときの自分をほめてやりたい気分になったいま私は、その勉強の続きをやっている。当時より少しは賢くなったはずなので、これからしっかりとつなげていきたいなあと思う。

人生ってほんと、らせん階段みたいだなあ。

posted by nara-nara at 12:12| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

卒業式

地元でとある役目を仰せつかっているため、今週の水曜日は中学校、木曜日は幼稚園、そして今日の小学校と、卒業式に出席させていただく機会があった。娘はいま小2で、幼稚園の卒園式はほんの2年前のことなのだけど、いやいや大きくなった。あのときはちっちゃくて、なのに、お名前を呼ばれたら大きな声で返事ができるし、修了証書をもらうときはちゃんとお辞儀ができることに感動して、「ここまでよく頑張って育てました」と、私が修了証書をもらった気分になったことを思い出した。昨日の卒園式でも泣いているママが多かったけど、おんなじような気持ちだったかなあ。だって子育て大変だったよ、うん。

それが小学校を卒業し、中学校を卒業してと、子どもたちはどんどん大きくなっていく。
卒業生よりも小さい在校生たちが、私たちもあとに続くと送辞を述べる。こんなふうに命ってつながっていくんだなあと、あらためて思った。
今日のお祝いのことばのなかに、「あなたたち一人ひとりが未来です」というのがあったのだけど、これはきれいなキャッチフレーズじゃなくて事実。いま、子どもや家族のいろんな問題が取りざたされているけど、みんなで一つずつ解決できればと思う。

ご卒業、本当におめでとうございます。

posted by nara-nara at 15:28| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

あいさつ

娘の通う小学校では、1学期の間に1回か2回ぐらいの割合で、保護者が順番に登校時、道に立って「おはよう」のあいさつをして子どもを送りだす「立哨活動」というのがある。地域の方には、そういう順番とかじゃなくて、ボランティアで立ってくださっている人もいて、ここに引っ越してきて、本当によかったなあと思うことのひとつである。

で、先日、学校生活について生徒と保護者に対し、学校がアンケートを取ったのだが、その結果、保護者の声として多かったのが、この立哨活動で、「子どもたちがあいさつを返さない」というものだった。これは私も感じていたことで、「おはよう」といっても、こっちをチラ見するのがせいぜいで、だいたいは無視して通り過ぎていく。でもなかには、子どものほうからあいさつをしてくる子もいて、そんなときは、どんな子育てをしてらっしゃるんだろうと、お母さんに会いたい衝動に駆られる

でもでも、よくよく考えると、私を含めた大人も同じことをしているんだよね。
朝の駅の改札では、駅員さんが「おはようございます」と言っているけど、みんな無視して通り過ぎていく。私はすぐ横であいさつされたら、さすがにあいさつを返すけど、それはそれは小さな声で、これではさっきの子どもの「チラ見」と何ら変わりはない。

まずは私から、大人から、かな。

posted by nara-nara at 08:12| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

インターネット営業

昨日は香港より、インターネットを通して新規のご依頼。

やっぱりインターネットってすごいよね

と思う今日この頃。

昨日のご依頼も、Are you available now? の一言から始まり、Yesと答えたらすぐにjob descriptionが送られてきて、6時間後に納品した(日本語のチェックでした)。まあ、これってちょっと前まではあり得なかった話で、ほんと、インターネットが使えるようになってからは、仕事の仕方も、そして生き方も激変したように思う。これは大学の研究でも一緒で、海外文献なんかも家のパソコンで検索したらすぐに見つかるし、それができない人は、できないヤツになる

これからも、お仕事や研究を通じて、しっかり世界とつながっていたいなあと思っております





posted by nara-nara at 09:51| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

最後の晩餐:551の豚まん

何気にテレビを観ていたら、もし明日死んじゃうっていうときに、最後に食べたいものは何かっていう話をしてた。その人の答えは「卵がけご飯」で、なるほど〜と思ったけど、私はやっぱり・・・551の豚まん🐽でしょうか

小さい頃から大阪市内の、戎橋まで徒歩15分ほどのところで過ごしてきた私は、これまでの人生で本店の前を何度通り過ぎたかわからない。中学生のときには、同級生と2階のレストランで豚まんを注文して食べていた。当初、マジメだった私は、友だちとレストランで豚まんを食べるという発想はなかったのだけど、その大人びた同級生は、レストランで食べたほうが、同じ値段で水がついてくるから得なのだと私を誘った。そして私はその誘いにのった

そんなわけで、海外に住んでいたときも、無性に食べたくなったのは551の豚まんだった。
今日は大阪に行った帰りに、4個入りを購入。

早く食べたいな〜。
あやか、早く帰ってこないかな〜





posted by nara-nara at 18:08| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

修士論文やり直し

2014年春に娘が小学校に入学するとき、私も学校に行きたくなって大学院に進学。専攻は社会福祉学。社会的ハイリスク妊婦(貧困やDVなど、社会で生きていくうえでの困難を抱えた妊婦)とされる女性たちに携わる専門職の方々に対してインタビュー調査をして、その分析結果を修士論文にまとめたのだけど・・・

今回協力してくださったのは助産師さんやソーシャルワーカーの方々で、本当に貴重なお話しをしていただいたのだけど、それをしっかり分析して新たな知見に繋げるという能力が、この2年間では私は身につけられなかったようで修士論文の口頭試問でもそのあたりのいい加減さを指摘され、あまりにも当然のことだったので、私はいまでも、とした春休みを過ごすに至っています、ハイ。

しかし、ラッキーなことに博士課程への進学は決まり、分析をもう一度やり直して、博士課程の投稿論文1本目として書き直すチャンスがもらえたでは、次はバッチリやれるのかと言われると「できます」とは断言できないけど、今度は先生や先輩からいろいろアドバイスもらって、何らかの成果を出せるように頑張ろうと思っています。

この前、大学院に行こうとする社会人向けの本を読んでたら、その著者は「忘れ物を取りに」自分は大学院に戻ったと言っていた。私もそんな感じ。そして、忘れ物はそこにあったのだけど、取れずじまいだったので、もう少し大学に残って、無事に取れたあかつきには、それを社会に還元したいと思ってます。

今日はあいにくの雨だけど、この後もう一度寒くなって、そして春が来たら、私も再スタートです


posted by nara-nara at 10:58| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

こそっと再開しました^^

2015年末に「ごあいさつ」をしてから3年以上ブログを更新していませんでしたが、誰にも何も言わず、こそっと再開しました。誰か気がついてくれるのでしょうか!?

この間の大きな変化と言えば、娘が小学生になり、私も大学院生になり、その他言いたいこともあれば、言えないこともあるといったところですが、これからまた、徒然なるままに、ボチボチとつづっていきます。

どうぞよろしく

posted by nara-nara at 15:13| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

年末のごあいさつ

今年もいい一年でした!!

特に目新しいことはなかったかもしれないけど、周りの人がみんな健康で、おいしくご飯を食べることができて、朝起きたら、今日もがんばろうと思える毎日で。

綾香もがんばりました。
幼稚園は一日も休んでないし、マーチングのティンパニーも、ピアノの発表会も、社交ダンスの初競技会も、練習のときから一生懸命やりとおしました。

そしてこのブログは。。。
更新も最近滞りがちだったのだけど、書くことがなかったのではなくて、書くことがあり過ぎるぐらい毎日が充実していたのが、書けなかった原因かも。

で、ちょっと2014年は情報発信の方法・内容を見直します。
ブログという形にこだわらないかもしれません。
それまでしばらくこちらはお休みしますが、またお会いできたときにはよろしくお願いします。

それではどうぞ良いお年を。
posted by nara-nara at 12:18| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

成長と老い

また1カ月以上ブログを更新していなかったと気付いて、この1カ月、なぜ忙しかったかを振り返ると、運動会やらお遊戯会など綾香の秋の行事が続いたことと、綾香のおじいちゃん、おばあちゃんの諸々のことがあった。

今年の運動会のマーチング演奏は「スターウォーズメドレー」で、綾香はティンパニーとマリンバを担当させてもらった。演奏は大人顔負けというか、私はティンパニーにもマリンバにも触ったことすらない状況なので、この点では彼女はすでに、親を大きく超えてしまっているダッシュ(走り出すさま)。残念ながら跳び箱は飛べなかったけど、リレーは第10走者として1番になり、青組優勝に貢献したグッド(上向き矢印)。お遊戯会の「眠れる森の美女」では、こわーい魔女を好演した。演技のあと、わが子の成長をみて涙する親御さんもいらっしゃったけど、ほんとにすごいスピードで、できることが一つ一つ増えていっている。

それとは正反対に、おじいちゃん、おばあちゃんは、できないことが一つ一つ増えていっている。
二人っきりで生活するのが難しくなってきていて、じゃあどうしようかというところで、ここ1カ月バタバタとしていた。高齢者住宅を探したりとかもしていたのだけど、改めて感じたのが、高齢者を取り巻く環境が、とてもビジネス化していること。新しい施設もどんどんできているし、お役所とかではなくて、そういう施設を紹介している民間業者さんの「営業」が積極的だったりと、高齢者の場合は、お金さえあれば、かなりの程度環境を整えられるのだと痛感した。

時間の流れに沿っての変化が「成長」である子どもと「老い」である高齢者の間に挟まれて、なんかすごーくモヤモヤしたものが残っている中高年の私なのですが、自分もまだ「成長」の途中だと思ってやっていくぞむかっ(怒り)。来年は4度目の年女ですけどねふらふら



posted by nara-nara at 12:49| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする