万葉集にも詠まれる奈良県・二上山のふもとで、翻訳の仕事にいそしんでいます。
大阪に出掛けて大学院生もしています(社会福祉専攻)。雑多な日々の生活で感じた
ことを、徒然なるままに、Ten thousand leaves 目指して綴ってまいりますので、
どうぞよろしくお付き合いください!

2013年09月15日

マー君と半沢直樹

マー君が13日に21連勝して、普段はそんなこと言わなさそうな人までがスゴイっexclamation×2て大絶賛している。

本当にスゴイなあと素人の私も思うけど、ある別のスポーツのプロ選手が、

「マー君がスゴイのはもちろんだけど、彼を勝たせようとするチームメンバーもすごい」

って言ってた。

「メンバーにもすごいプレッシャーがかかっている」とも。

なるほどねー。マー君だけが主役なのではなくて、彼の記録は、メンバーにとっても「我が事」であるってことですね。なんかこのコメントを聞いて、「半沢直樹」を思い出した。彼も頑張ってて、敵に果敢に立ち向かっていくんだけど、彼を勝たせようとする上司も、部下も、妻もいるんだよね。

さてさてexclamation
仕事でリアルタイムでは観られなかったので、これからお風呂に入って、録画した「半沢直樹」を観るぞ。

私も闘うぞ!ダッシュ(走り出すさま)わーい(嬉しい顔)

posted by nara-nara at 22:27| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

ちょっと小声で。。。

あんまり大きな声では言えないけど、

オリンピックは東京じゃなくて、

別のところでやっていただいた方がいいのでは。

Tokyo is absolutely safe.

とか聞いていると、

何を根拠にそんなこと言っているんだろうと、

言えてしまっていることに、ちょっと恐怖を感じる。

もしsafeじゃなかった場合、

日本は世界に対して、どう責任をとるんだろう。

posted by nara-nara at 09:44| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

6歳の死刑廃止論

前回の更新から1カ月過ぎましたか!
夏休みの間も綾香はデイスクール(一時預かり)に通っていたので、実質の休みはお盆休みの1週間しかなかったけど、プラネタリウム、海水浴(花火大会付き)、カラオケ、子ども向けシェークスピア劇場と、それなりに充実した夏休みだったのではと思います。はい。

で、海水浴(@夕日ヶ浦海岸)に向かう途中で渋滞に巻き込まれているとき。
パトカーにつかまっている車を何台か見たのだけど、綾香があの人たちは一体何をしているのかと聞いてきたので、ルールを守らなかったから、たぶん罰金を払っているのでしょうという話から、罰金や刑罰は犯した罪の重さに応じて重くなり、さらに、極刑は日本の場合、死刑であるという話しを、6歳児がわかるようにした。(なんでこんな話をするのかと言われそうだけど、まあそれぐらい渋滞がひどくてヒマだったということであせあせ(飛び散る汗)

もちろん「死刑」と言っても彼女は理解できず、ましてや、命を絶って罪をつぐなうとか言っても余計にわからなくなるので、「一番大きな罰は、殺してしまうこと」と言ったら、彼女がすかさず、

「それはアカンやん」と言った。
「でも、ものすごーい悪い人で、何人も何人も殺してしまったりしたら死刑になるねん」と返すと、
「そしたら同じやん」と言った。

つまり、殺すことに違いはないと。どっちもアカンと彼女は言った。
それを聞いて私の頭の中は感動の嵐が吹き荒れていたけど、続けて、
「そうやねん、綾香みたいな考え方をする人は、もう死刑はやめましょうと言ってるんだけど、そんな悪いことをする人は、また同じことをするかもしれないから死刑にした方がいいっていう考えもあるねん」と言ったら、

「でもアカンやん」と彼女は言った。

アカンことはアカンと。なんと説得力のあるお言葉たらーっ(汗)

ここは愉快なブログなので、敢えてこれを議論する気はないけど、大人たちがあーだこーだと言って揉めているのを見ると、やっぱり原点に戻るというか、複雑な問題はできるだけシンプルにすることが、一番の解決法じゃないかと思ったりする。

楽しい海水浴に向かう途中で子どもに死刑の話題をふる母親はどうかと思うけど、
やっぱり、よい夏休みでしたかわいい

posted by nara-nara at 20:44| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育てのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

大人の歯が生えてきたよ

ちょーっと最近、仕事がたまり気味で、なかなかブログが更新できませんが、

先週末に綾香が、

「おかあさん、奥に歯が生えてきたよ」

と、大きな口を開けて見せてくれた。

最初の永久歯なので、ここに、ちょっと備忘録。

「2013年7月20日前後、最初の大人のハ、ハエル」

この頃、体型も幼児から少しずつ女の子らしくなってきてるし、

親がテキトーでも、子どもは勝手にどんどん育っているんだなあと感激しながら、

さて、仕事に戻りますダッシュ(走り出すさま)
posted by nara-nara at 22:54| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育てのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

娘(6歳)からの美容アドバイス

私は新聞を読みながら朝食をとる。
そこに分厚く挟まれている広告に、「○○○美容外科」と書かれていたのを綾香がみて、

「○○○美容外科って何するとこ?」と聞いてきたので、

「お顔を可愛くしてくれるお医者さん」と答えたら、

「お母さんもやってもらった方がいいんと違う?」というので(ちっ(怒った顔))、

「こんなにカワイイのに、これ以上何をする必要があるん!」と返したら、

「お顔の黒いプチプチ(シミのことかexclamation&question)を取った方がいいと思うねん」と言われたがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

最近、ホウレイ線は気になるし、頬の肉のたるみは気になるし、なんとかしなければならないとは思っていたけど、まさか6歳にもそんなアドバイスされるとはもうやだ〜(悲しい顔)

今月で私、47歳になるんだよね〜。
でも、ショムニの江角マキコと同じ年なんだよね〜。あっ、キョンキョンも同い年。

今日はその6歳女子は、幼稚園の宿泊保育でおうちに帰ってこないので、私は友人と呑みに行くことになっている。からんでしまいそうだ〜あせあせ(飛び散る汗)



posted by nara-nara at 13:40| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

星に願いを

毎年、七夕のときには、幼稚園でササと飾り付けをもらって、自宅で完成させて飾るということになっているのだけど、お願い事を書く短冊は2枚あり、綾香は1枚には幼稚園で「ケーキやさんになれますように」と書き、家に持って帰ってきたもう1枚には、「おいしゃさんになれますように」と私の目の前で書いた。

tanabata.jpg

説明するまでもなく、ケーキやさんになるのは彼女の本来の夢で、おいしゃさんになるというのは、私の彼女に対する願いだ。つい最近、新聞で子どもの「将来なりたい職業」のランキングが発表されていて、ケーキ屋さんを含む食べ物屋さん以外に、医者、警察官、といった職業が並んでいた。それは、子どもが人の役に立ちたいと思うようになった表れではといったコメントが付いていたけど、私はほぼ間違いなく、その親がそう望んでいるのではないかと思っている。私の場合は、やっぱり震災のことが大きいかも。何か自分にできることがあればと思ってチョコチョコとはやってみたけど、あんまり大したことはできなくて、自分がお医者さんとかだったら、もっと直接的に役に立てたのになあとか、それこそ子どもみたいなことを思ってた。

しかしexclamationもちろん、彼女の人生は彼女自身が決めるわけであって、どこかのエライ人も、「子どもの本当の自立は、親が望む職業ではなく、自分が望む職業に就いたときに達成される」とか言っていた。それは重々承知している。でも、綾香が「ケーキやさんになりたい」というたびに、「患者さんにケーキを作ってあげられるようなお医者さんが、もっといいんじゃないexclamation&question」とか言って食い下がってしまう私がいるふらふら

で、そんな私に綾香が、「お母さんは子どものとき、どんな仕事をしたかったの?」と聞いてきた。
「う〜ん、世界の子どもを助けるような仕事がしたかったな」と答えた。(←私は国際機関の職員になりたかった)
「じゃあ、どうしてその仕事ができなかったの?」と、再び聞かれた。
「そうだなあ、がんばったつもりだったけど、がんばりかたが足りなかったかな」と言った。(←私はそのために進学したカナダの大学院で十分な成績が取れず、退学処分になった)
そしたら綾香が、「あやかは大丈夫かなあ」というので、声のボリュームを大幅アップさせて、
「当たり前やろexclamation×2がんばってるんやから、綾香は何にだってなれるよ、お医者さんだって」と答えた。

本当に子どもは、無限の可能性を秘めているんだなと思う。
まあ、結局は彼女は親の元を去り、我が道を進んでいくのだろうけど、もうちょっと、私の中で、妄想の世界に浸らせてもらおうかな。せめて幼稚園の間ぐらいは黒ハート

posted by nara-nara at 11:45| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育てのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

里親交流会

里親の認定を3月に受けて、それから里親会の会費の請求と会報の送付があった以外は特に大きな動きはなかったのだけど、今日は初めて「里親交流会」に参加してきた。

なんでも今年度から、奈良県で里親支援専門相談員が県内の児童養護施設2施設に配置されることになって、そこで里親同士の情報交換・交流を目的に交流会を行うということになったらしい(うち、1か所は以前から交流会の実施あり)。先月から月1回ペースで行われていて、私は仕事の都合で今回が初参加だった。

今回の参加メンバーは、里親さんのご夫婦1組と、里母さん、私、そして、2施設からの相談員さんが各1名と児童相談所の方1名の、計7名だった。

内容としては、ざっくばらんなおしゃべり会という感じで人数も少なかったけど、児童相談所、児童養護施設、そして里親の3者が同じ場を共有するというのは、とても大切だと実感した。というのも、この3者は、子どもの福祉という同じ目的を持つ立場にありながら、非常に対立構造を生みやすい関係でもある(と私は思っている)からだ。里親からすれば、「子どもを施設に入れるなんてとんでもない!子どもは家庭で育つべき」と考えるし、施設は「家庭が大切というけれど、家庭で問題を抱えた子がうちに来るんだ!」と言うし、児童相談所は「どうせお役所仕事でしょ」と敵視されがち(←私もその傾向ありあせあせ(飛び散る汗))なので、こんなふうに、ふつーにお茶を飲みながらお話しするのって、実は画期的だったりするのではと思った。

せっかく(?)児童相談所の方もいらっしゃったので、日頃思っていたことを聞いてみた。
単純に「なぜ里親委託率は増えないのか」ということ。
とある資料によると、奈良県の里親の委託率は7.5%(平成22年度)で、都道府県48位/69らしい。私は、講義やら研修やら、事あるごとに、なぜ委託が進まないのかと質問してきたのだけど、納得できる回答を得たことがない。そして、私たちの家庭も、「実子がいる」「実子がまだ幼い」などの理由で、委託が難しいと言われたこともある。何が難しいのか、本当にわからないもうやだ〜(悲しい顔)

そして今日も思うような回答は得られなかったのだけど、この交流会は毎月あるらしいので、疑問に思ったことは、これからも聞いていくつもり。これって、会の趣旨には反しているのかなたらーっ(汗)。でも、今日は実際に里親をされている方々のお話も聞けて、やっぱり改めて、里親制度はもっと活用すべき、って思った。


posted by nara-nara at 22:23| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

オトウサンと娘

オットがとうとう、先週末に名古屋へ。
家具付きの部屋が見つかって、結構身軽なお引っ越しだった。
なので、私たちがわざわざ行くこともなかったのだけど、綾香の誕生日が月曜日(6/3)で一緒にお祝いできないので、名古屋で少し早めのパーティーをしようということになった。

オットは一足先に行ってて、土曜日の夕方に近鉄特急で綾香と名古屋に向かったのだけど、電車の中で、綾香が頭が痛いと言いだした。なーんかどんよりした感じでしんどそう。お天気もあんまりだったし、電車に乗るのが長くで気分悪くなったのかなーとか思ってたのだけど、現地に着いたら、それなりになっていたので、安心して予約しておいたフレンチのレストランへ3人で出かけた。

そしたら、綾香がまた、どーんよりした感じに。。。

そして、吐いた。大量に。フレンチで。

実は予約時に、小学生以上でなければダメと言われていたのを、「うちの娘は大丈夫です」とか言って、無理やり頼んでいたお店だった。そしたらやっぱり、幼児特有の、いきなり熱を出す、いきなり吐くというのを、TPOまるで無視でやってしまった。

幸いなことに、他のお客さんには気付かれなかったのだけど、店には大迷惑をかけたもうやだ〜(悲しい顔)
そして何より、綾香のお誕生日でケーキも最後に用意していたのに、彼女は食べられなかったもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)


要するに。。。彼女にとって、オトウサンと離れて暮らすというのが、とてもカナシイことだというのが、そのときになってやっとわかった。彼女は一生懸命ガマンしていたけど、体はいっぱいいっぱいだったんだ。

奈良に戻って来てからも夜中に泣いたり、ちょっと不安定だったのだけど、お医者さんにも診てもらって、風邪だということでお薬をもらって、昨日あたりからやっと落ち着いてきた。事情を知っている幼稚園の先生は、幼稚園では楽しくやっているので安心してくださいと言ってくださった。

私は、名古屋に別荘ができるようなもんだし、家事の量は減るし、テレビはつけっぱなしにならないし、ラジオもAMじゃなくてFMが聴けるようになるし、いちいちお伺いをたてて外出しなくてもいいし、良いことばっかexclamation×2だと思っていたのですが。

でも、綾香には申し訳ないけど、体の調子が悪くなるぐらい、綾香がオトウサンのことを好きでよかった。

改めて、6歳のお誕生日おめでとうプレゼント

posted by nara-nara at 21:43| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育てのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

nin, nin!

ブログが月刊誌のようになってきているけど、私はすこぶる元気でアリマスパンチ
仕事も一段落して、遊びも一段落して、たまりにたまっていたビデオをそろそろ見始めましたるんるん

ゴールデンウィークは、4月29日に「ユネスコ国際ダンスデー」のイベントに行ったのを皮切りに、とにかく近場をウロウロしていて、最終日は綾香は生まれて初めての太秦映画村へ。

まずは忍者修行。
ninnin.JPG

次は、暴れん坊将軍のお馬さんに乗って。

shogun.JPG

そして私。。。ではなく

dayu.JPG

結構おもしろくって、綾香は将来の夢の一つに、「忍者になること」が加わった模様。
私は、小畠徳子さんとおっしゃる女優さんが案内してくださってのツアーがおもしろかった。裏話なんかも聞けたけど、やっぱり映画やお芝居の世界は厳しいようで、スターとスターじゃない人の差って半端じゃないみたいあせあせ(飛び散る汗)ご本人は、大奥とか科捜研の女とかの、後ろの方に出られているらしい。今度探してみよう。

では!ダッシュ(走り出すさま)

posted by nara-nara at 23:07| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

転勤の季節

なんと、オットがとうとう6月から単身赴任することになりましてがく〜(落胆した顔)

それを子ども家庭相談センター(児童相談所)に報告しようと思ったら、担当者の方も異動されたとのことでがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

会社員も公務員も、いろいろと大変ですな〜と思いながら、私は気を取り直してこれからの作戦を練り練り中パンチ

でも、やっぱり綾香は寂しいみたいでシクシク泣いているし、日々成長が激しい彼女を間近に見れないオットは可哀そうだな。ちょうど小学校に上がる時期だしね。

まあ、自炊ができるオットで良かった。
朝ご飯作ってくれる人がいなくて困るのは私かexclamation×2

posted by nara-nara at 15:18| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする